サプリメントの選び方

0

サプリメントの選び方5つのポイント

 

今や健康維持には不可欠になったサプリメント。多くのメーカーから多くの似たようなサプリメントが発売され、店頭にも多くのサプリメントが並んび、実際どのサプリメントを購入していいか迷われてる人も多いかと思います。

そこで購入する際に気を付けた方が良いポイント、注目すべきポイントをご紹介します。細かいことを列挙したら沢山ありますが、その中でも重要度の高いポイントを5つご紹介します。

当サイトでご紹介しているサプリメントはこのポイントに沿って選んでご紹介しておりますので、参考にしていただけたらと思います。(当サイトでご紹介しているサプリメントはあくまで公開されている情報も元に選出しております)

サプリメント選び5つのポイント

  1. GMPを取得した工場で生産していること(GMPとは原材料の受け入れから製造、 出荷まで全ての過程において、製品が「安全」 に作られ、「一定の品質」が保たれるようにする ための製造工程管理基準)
  2. 成分、含有量が丁寧に記載されている
  3. トクホもしくは栄養機能食品、機能性表示食品であること
  4. 添加物が比較的少ないもの
  5. エキスとか曖昧な表現ではなく、その有効成分が入っているかどうか

 

サプリメント選びは難しい部分がありますが、知識があれば品質の悪いもの、怪しいものを避けることは極力出来ると思います。サプリメントを購入する際の参考にしてください。

 

天然成分は有効か?

よくサプリメントを購入する際、天然成分が良いと信じている人がいるかと思います。

しかし、人体は化学物質で構成されているので、必ずしも天然成分が有効であるという事はありません。合成物質の方が不純物がなく合理的とも言えます。

実際ビタミン類で天然成分を使う事で、コストが高くなったり、天然成分自体に不純物が入っていて製品の質を落としていることも考えられます。また合成の方が低価格で、その成分だけを摂取することができるので合理的だとも考えることができます。

もちろん天然成分を使用することで他の有効成分が入ることで相乗効果で効果的になる事も考えられます。

つまり一概に天然が良いとは言えません。

ただハーブサプリメントの場合は天然素材を使う事になるので、その天然素材自体の品質が問われることになります。つまり農薬や重金属で汚染されていないか、オーガニックがなどです。

サプリメントとして購入する場合は天然だから安心、効果があると決めるのは賢い買い方とは言えないでしょう。

 

日本産のかアメリカ産のか

アメリカはサプリメントに関して研究が進み、商品も多様性のあるものが沢山あり魅力ある商品がます。

しかし、品質で見ると日本と同じで品質の悪いものが出回っている現状もあります。品質という面でいえば日本もアメリカも同じ問題を抱えているようです。

また、もっとも一番の違いは成分の含有量です。アメリカのサプリメントは成分によっては一錠で日本のより何倍も含まれているものもあります。それによって過剰摂取になる場合があります。

いずれにしてもサプリメントは自己管理の世界です。正しい知識とご自分の体調と相談しながら摂取することが大切です。人が効いたからと言って、自分も同じ成果が得られるとは限らないのがサプリメントです。

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


0