注目の国内&海外論文

野菜の栄養の吸収を高めるにはスプーン1杯の油を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スプーン1杯の油が野菜の栄養吸収率を高める傾向に

アイオワ州立大学の食品科学、人間栄養学の助教授であるウェンディー・ホワイト氏によると、スプーン1杯の油が野菜の微量栄養素の吸収をいっそうよくすると言う研究結果を発表しました。

近年ダイエット中の人はサラダにドレッシングをかける事を嫌がる人がいますが、ドレッシングによって栄養の吸収が高まれば、ドレッシングの見方も変わるかもしれません。

 

では具体的にどのような事が分かったのか?

研究では大豆油を加えた野菜で8つの微量栄養素(カロチノイド、アルファカロテン 、ベータカロテン、 ルテイン、リコピン 、 ビタミンE、ビタミンK、ビタミンA)の吸収と助ける事がわかりました。

研究者であるホワイト氏は、これはガン予防や視力の維持に役立つとしています。

またこの研究ではオイルの量が多い程栄養の吸収が高まる事も分かっています。

具体例として、ドレッシングを通常の2倍加える事は、栄養の吸収率も2倍になると述べています。

しかし、かけ過ぎには注意です!目安としては食事で大さじ2杯の油を推奨しています。

この量であれば手頃に美味しく食材にかける事が出来るでしょう。

 

まとめ

近年野菜にオイルをかける事を嫌がる人もいますが、ドレッシングによって栄養の吸収が高まるのであれば、むしろかけない方が健康には良くない事であり、栄養不足はダイエットにもよくないので、油を摂る事がこそが良い事だとという結果になります。

研究でも大さじ2杯までを推奨しているので、野菜を効率よく食べるためにもドレッシングを有効に活用す、野菜の微量栄養素までしっかり摂りましょう。

 

 

論文記事:

Fats and oils help to unlock full nutritional benefits of veggies, study suggests

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る