食生活

海藻類などマグネシウムが多い食品の摂取が心筋梗塞の発症リスクの低下に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マグネシウムの多い食品で心筋梗塞のリスク低下に

 

国立がん研究センターによるとマグネシウムを多く摂取している人は、心筋梗塞などを発症するリスクが3~4割低くなることがわかりました。この研究は日本人を対象としたもので、今まで数少なないデータであったため、非常に有意義な研究であり結果となりました。

研究内容

国立がん研究センターと国立循環器病研究センターが共同で行った研究で、食事からのマグネシウム摂取量と虚血性心疾患発症との関連を調べたものです。もともと、ミネラルの摂取は脳卒中や虚血性心疾患のリスクの低下に繋がる事は分かっていましたが、日本人を対象とした研究は少なかったそうです。

研究では1995年と98年当時45~74歳で、岩手、秋田、長野、沖縄、茨城、新潟、高知、長崎に在住していた男女8万5293人を対象に、、約15年間追跡調査を行った大規模な調査となりました。

食事からのマグネシウム摂取量をアンケートによって5等分に分け、脳卒中および虚血性心疾患の発症率を調べた所、調査期間中に4,110人が脳卒中を、1,283人が虚血性心疾患を発症しました。

 

研究結果

その結果、男性の場合、マグネシウム食を多く摂っている人は、少ない人と比べて虚血性心疾患の発症リスクが34%低いという事が分かりました。

女性では、マグネシウム摂取量が一番少ないグループと比べ、摂取量が中間のグループですでに有意差がみられ、虚血性心疾患の発症リスクが39%低い結果となりました。

 

マグネシウム不足は血圧上昇、血糖代謝低下、動脈硬化促進、脂質代謝異常など、虚血性心疾患のリスクと関係していることが分かりました。

動物実験でもマグネシウムを多く与えると血糖値と脂質値が低下し、循環器疾患のリスクが低下することが分かりました。

今回の研究者はこの結果をこう述べています。

「マグネシウムは魚、果物、野菜、大豆に多く含まれ、これらの食品を多く摂取することで、循環器疾患の予防が期待できる」

過去の研究においても、魚、野菜・果物、大豆製品の摂取が、循環器疾患のリスクの低下に繋がることが分かっています。

 

まとめ

マグネシウムが多く含まれる魚、野菜・果物、大豆製品が脳卒中や虚血性心疾患の発症を低くするという結果が日本人を対象とした研究で分かりました。

男女とも30%以上リスクの低下となる大きな効果が期待できる結果でした。魚、野菜・果物、大豆製品は日頃から摂れる食品です。なるべく日頃からとるようにしたいところです。

 

参考論文:

Dietary magnesium intake and risk of incident coronary heart disease in men: A prospective cohort study

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る