飲酒

悪酔いを防ぐために、飲酒前に飲むと良い飲み物は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

そもそも悪酔いってなに?

悪酔いを防ぐために、まず、悪酔いとは何でしょうか?

悪酔いは気持ち悪くなったり、クラクラしたりする状態を言いますが、なぜこうなるのでしょうか?まず、アルコールは体内に入ると分解されますが、その際にアセトアルデヒドといいう毒素が発生します。このアセトアルデヒドが体内で一定量をいわゆる悪酔い状態になります。これは飲酒量、つまりアルコールの摂取量が多いとアセトアルデヒドの量も多くなるので飲み過ぎは気を付けるべきです。

悪い酔いを防ぐために、飲酒前に飲むと良い飲み物は?

タイトルの回答です!

飲酒前に飲むと悪酔いを防ぐ飲み物とは、一般的に牛乳が良いと言われていますが、実は、やはり牛乳が効果的だという事です。

しかし、ここで間違ってはいけないのが牛乳を飲む理由です。よく牛乳は胃に膜を張るから悪酔いしないと言う人がいますが、牛乳で胃に膜をはることはありません。

牛乳が悪酔いを防ぐ理由は2つです。1つは牛乳は胃の動きを抑制しアルコールの吸収を遅らせる働きがあるからです。そしてもう1つは、牛乳にはタンパク質が含まれていますが、タンパク質はアルコールの代謝を助ける働きがあるからです。

実際牛乳を飲んでから飲酒をすると、アルコールの代謝が早いため、酔いが覚めるのも早いという事です。

ちなみに、牛乳だけでなくチーズなども効果があるので、飲酒前に乳製品を摂ると悪酔いを防げるという事になります。

つまり、空腹時に飲酒するのも良くないという事も言えます。空腹時に飲むとアルコールの吸収が良くなり、悪酔いしやすくなるので、乳製品を軽く胃に入れてから悪酔いを防いで楽しくお酒を飲みましょう。

二日酔い対策には

飲み過ぎて二日酔いになった場合、まず水を飲んで体内からアルコールを出すことが先決です。

水以外にも味噌汁やスポーツドリンク、100%のオレンジジュースなどは二日酔いには効くのでおススメです。

またアルコール代謝に働いている肝臓のエネルギーとしてバナナなどの甘いものを摂るとのも効果的です。

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る