食生活

コレステロールは体内であるビタミンの生成に必要です。何のビタミンでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あらためてコレステロールとは何か?

回答の前に簡単にコレステロールについて解説しておきましょう。

コレステロールと言うとあまり良いイメージを持たない人も多いのではないでしょうか?コレステロールが高いというと体に悪いというイメージを持つかと思います。

しかし血中には悪玉コレステロールもあれば、善玉コレステロールもあります。つまり善玉コレステロールのように体にとって良いコレステロールもあるのです。

コレステロールの高い食品は避ける人もいますが、実際、体内において、コレステロールの7~8割は肝臓と小腸で合成されます。もちろん食品からもコレステロールは摂れますが、体内でコレステロールが多くなれば、合成量は減るようにできているので、食べたものがすぐにコレステロールとなることは体の仕組み上ありません。

コレステロールの体内での働き

コレステロールは体内であるビタミンの生成に必要です。何のビタミンでしょうか?

タイトルでも書いたように、コレステロールはあるビタミンを体内で生成する際に必要となります。

その栄養素とはビタミンDです。体内でコレステロールが7-デヒドロコレステロールに変わり、紫外線が当たることによって生成されるのがビタミンDなのです。

他にもコレステロールは細胞膜やホルモン、胆汁の生成に用いられるので、コレステロールは人体にとって必要な物なのです。

しかし悪玉コレステロールであるLDLコレステロールが多くなると、心筋梗塞のリスクが高くなるので気を付ける必要はあります。

コレステロールを摂取する上での注意点

コレステロールが高い食べ物として卵がありますが、以前は厚生労働省でも卵はコレステロールを上げるとして摂取制限をしていましたが、今は食品からコレステロールをとってもリスクが無いことから、特に制限を設けてはいません。

ただし多量に摂る事は危険なので程々に。

また、心筋梗塞が気になる場合は、葉酸を含む緑黄色野菜、大豆製品、魚を食べたり、ビタミンB6が多い精製されていない穀類を摂ると心筋梗塞の予防になると考えられています。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る