コーヒーが大腸がん予防に効果がある事が判明

コーヒーが大腸がん予防に効果がある事が判明
0

大腸がん予防にコーヒーの摂取が有効という結果に

愛知県がんセンター研究所疫学・予防部の研究によると、コーヒー摂取による大腸癌(特に遠位の結腸癌)予防の可能性があることが分かりました。近年コーヒーの健康効果が様々発表されていますが、大腸がんと言う日本では死亡率の高いガンの予防にコーヒーが有効であるという、しかも日本の研究で分かった事は非常にうれしいニュースでもあります。

研究内容

愛知県がんセンター病院疫学研究IおよびII(HERPACC-IおよびII)の被験者を対象に、自己記入式質問票を用いて、コーヒー摂取を把握し、コーヒー摂取に伴う大腸癌の発症リスクを検証。

大腸がんの潜在的な関連因子である年齢、喫煙、アルコール摂取、赤身肉の摂取、BMI、運動、大腸癌の家族歴、糖尿病歴で調整した。

研究結果

結果、コーヒーを飲む人は、飲まない人と比較して、1日1杯未満、1日1-2杯、1日3杯以上摂取した場合の大腸癌に関するリスク率は、それぞれ0.88倍、0.90倍、0.78倍でした。

つまり、1日3杯以上飲む人が一番大腸がんリスクが低くなるという事が分かりました。

コーヒーが大腸癌予防の可能性(主に深部の結腸癌)に効果があるという驚きの結果と言えるでしょう。

まとめ

コーヒーと言うとあまり良いイメージのない飲み物という感じですが、近年はその様々な健康効果が発見されています。

今回も大腸がんの予防になるというのは、新たなコーヒーのメリットとなりました。

飲み過ぎは何事も良くないですが、適度なコーヒーは人間にとって良い効果をもたらす飲み物だと言えるでしょう。

 

AMAZONで評価の高いコーヒーとは

AGF ブレンディ レギュラーコーヒー ドリップパック スペシャルブレンド 100P

新品価格
¥2,200から
(2017/10/3 16:52時点)














にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


0

ガン(癌)カテゴリの最新記事