最新研究!脳の認知機能アップにオリーブ油、ナッツ、アボカドを

最新研究!脳の認知機能アップにオリーブ油、ナッツ、アボカドを
0

脂肪酸と脳のネットワークの関係を確認

 

イリノイ大学の新しい研究では、オリーブ油、ナッツ、アボカドの栄養素である一価不飽和脂肪酸が一般的な知能と関連があることが分かりました。

今までは栄養と認知力は関係性があると言われてきたのですが、なんの栄養かは特定されていませんでした。

しかし、今回、イリノイ大学の研究で一価不飽和脂肪酸が一般的な認知機能に関わっていることが判明。

ただまだ、一価不飽和脂肪酸が認知および知性にどのように影響するかについてのさらなる研究が必要ではありますが、画期的な研究結果と言えるでしょう。

まだ研究段階ではありますが、認知機能を良くするには、脂肪酸を摂る事は良い効果があると言えるようです。特に一価不飽和脂肪酸ですね。

 

 

一価不飽和脂肪酸を摂るには

一価不飽和脂肪酸は日常の食品の中でも色々な物に含まれています。そのベスト10をご紹介します。

ただ、脂肪である事には変わりませんので、摂り過ぎには気を付けましょう。

1 オリーブ油 74.04
2 サフラワー油 73.24
3 なたね油 60.09
4 ショートニング 47.02
5 牛脂 45.01
6 ラード(豚脂) 43.56
7 サラダ油 41.1
8 ごま油 37.59
9 マヨネーズ 35.68
10 ラー油 35.51

 

などが一価不飽和脂肪酸を多く含みます。日常で食すのであれば、オリーブ油、ナッツ、アボカドなどが摂りやすいかも知れないです。

研究でも見直されていますが、地中海食がやはりこの一価不飽和脂肪酸の摂取には向いているようです。

 

まとめ

今まで脳の認知機能と特定の栄養素との関係は詳しくは分かっていませんでしたが、一価不飽和脂肪酸が認知機能と関連がある事が研究で判明。

一価不飽和脂肪酸というと動脈硬化予防などが知られていますが、脳の認知機能にも影響がある事は画期的な発見です。今後のさらなる研究が求められますが、最新の知識としてオリーブ油、ナッツ、アボカドなどの一価不飽和脂肪酸を脳のためになるという事を知っておくのはいいことかもしれませんが、摂り過ぎには気を付けましょう。

 

参考文献:Nutritional status, brain network organization, and general intelligence

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


0

脳の活性カテゴリの最新記事