ダイエット

パスタやピザでも太らない食べ方とは?コレをかけるだけ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小麦粉の多い食べ物でも太らない食べ方のポイントとは?

パスタやピザなどの小麦粉を使った料理は美味しいですが、糖質があり太りやすい食品です。しかも小麦粉は体を冷やす効果があるので、さらに代謝を悪くし、太るリスクが高まる食材です。

こんな小麦粉ですが、例えばピザやパスタを食べる際にちょっとした工夫で太るリスクを低下させる事が出来ます。

それは、エキストラバージンオリーブオイルをかける事です。量として小さじ1~2杯程度で充分です。

エキストラバージンオリーブオイルの効果とは?

エキストラバージンオリーブオイルには血中コレステロールを抑え中性脂肪を抑える働きがあります。他にも代謝を上げたり、腸内の善玉菌を増やす効果もありお腹の調子が良くなるので、ダイエット効果が見込めるオイルなのです。

ただし、沢山摂れば良いという事ではないので小さじ1~2杯程度の分量を守るようにして摂るようにしましょう。

より効果的に摂るためのポイントとして、イタリアンのお店などによくあるオリーブオイルに唐辛子やハーブが入ったフレーバーオイルがあればさらに代謝アップが見込めるので、ある場合は活用しましょう。

またタバスコも代謝アップになるので、かけすぎない程度に活用するとさらに代謝アップになるでしょう。

 

体に良いパスタ料理の選び方

まずパスタ選びで重要なのは、具の量です。パスタ料理が多い地中海料理が体に良いという研究がありますが、これはバランスの良い食材を選ぶというのがポイントです。

これと同じで通常のお店でパスタを選ぶ際も、肉や野菜の具材の量が多いものを選ぶようにしましょう。

タンパク源の多い具材を選ぶと高カロリーなパスタも脂肪燃焼しやすい料理となるので、これもポイントです。

 

 

 

参考文献:
大盛りご飯を食べてもやせる技術(著者:伊達友美)
商品を見る↓

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る