ダイエット

体脂肪を燃やすのにアミノ酸を摂れは燃えるというのはウソ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アミノ酸はダイエットに有効なのか?

 

一時期アミノ酸というと体脂肪を燃焼してくれるというイメージがありましたが、実際アミノ酸で体脂肪は燃えるのでしょうか?

アミノ酸について正しい知識を持てばダイエットに活かす事が出来るので、是非読んでみてください。

アミノ酸ってなに?

そもそもアミノ酸は体内においてはタンパク質をつくることが一番重要な役割です。人体においては20種類のアミノ酸によってタンパク質を生成しています。では20種類のアミノ酸を簡単に紹介します。

人体では作る事が出来ない必須アミノ酸

ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、 フェニルアラニン、 スレオニン、トリプトファン、バリンの9種類です。これは食品から摂る必要があります。

人体で作れる非必須アミノ酸

アラニン、アルギニン、アスパラギン、 アスパラギン酸、システイン、グルタミン酸、 グルタミン、グリシン、プロリン、 セリン、チロシンの11種類です。これらは体内で合成できます。

この20種類のアミノ酸で体内に存在するタンパク質10万種類を作っているとされています。

アミノ酸は人にとって必要ではありますが、アミノ酸そのものを摂取しなくても肉類や豆類、卵などのタンパク質を摂取すれば体内でアミノ酸に分解され、またタンパク質をつくる事が出来ます。なので無理してアミノ酸のドリンクを飲む必要はありません。

アミノ酸は体脂肪を分解するだけ

アミノ酸がなぜ体脂肪を分解すると言われているのでしょうか?アミノ酸の中で筋肉や免疫細胞のエネルギー源になるアミノ酸があります。それは遊離アミノ酸というものです。この遊離アミノ酸のうち、リジン、アラニン、プロリン、アルギニンが体脂肪を分解するというのがアミノ酸のダイエット効果のはじまりです。

もう少し厳密に言うと遊離アミノ酸が体脂肪を分解する酵素を活性化するという事なのですが、実際、体脂肪を分解するだけでは、体脂肪は減りません。分解した体脂肪をエネルギーとして使ってはじめて燃焼して所謂ダイエットとしての効果が出るのです。

分解された体脂肪は呼吸や消化吸収といった人体が機能するための基礎代謝に必要なエネルギー源として使われます。しかし、使われなかった分解された体脂肪は、また脂肪細胞になってしまいます。

つまり、アミノ酸が体脂肪を分解しても、基礎代謝で使われる程度ではダイエット効果は見込めないでしょう。

脂肪を燃焼させるには運動しかない

やはりダイエット効果を期待するのであれば、体の仕組み上やはり運動するしかないのです。

そこで脂肪燃焼に役立つアミノ酸をご紹介します。聞いたこともあるかもしれませんがBCAAというアミノ酸です。分岐鎖アミノ酸といういのですが、バリン、ロイシン、イソロイシンの必須アミノ酸で構成されています。ちなみにBCAAはBranched Chain Amino Acidsの頭文字をとったものです。

BCAAは筋肉のタンパク質に存在するため、運動時にはエネルギー源になりやすいのが特徴です。

激しい運動は筋肉を構成するBCAAがエネルギーとして大量に分解されるので、筋肉消耗が激しくなり疲れやすくなります。そこで運動直前、運動中にBCAAを摂る事で筋肉のダメージも疲労も低下させる事が出来ます。

BCAAも同じですが摂取しただけでは脂肪は燃焼されません、運動する事が第一条件です。

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る