ダイエット

肥満は遺伝するのか?やっぱり痩せられない理由はここにあった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

肥満は遺伝するが、痩せられない訳ではない

よく親が太っていると、子供も太ると思っている人がいますが、肥満は遺伝するのでしょうか?

結論から言うと肥満は遺伝すると言えます。太っている親の子供の太り方が、親と似た太り方をしているケースは良く見かけると思います。

これは、肥満が遺伝していると言えるでしょう。しかし、太った原因が肥満が遺伝したからという訳ではありません。

例えば、太っている親と同居している子供が、親と同じような食生活、生活スタイルをしていれば当然子供も同じように太るでしょう。

これは遺伝で太ったわけではなく、完全に生活習慣の乱れが原因で太っているのです。ただ太り方は遺伝で似たような体形にはなるかもしれません。

そもそも太るというのは、遺伝ではなく栄養の過剰摂取と運動不足が一番の原因です。肥満の遺伝によるものは2番目の要因という程度です。

 

太る原因は遺伝より、生活習慣

先ほども書いたように太る原因の最たるものは生活習慣です。摂取カロリーが、消費カロリーより少なければ脂肪は増えません。これはどんな人でも言える事実です。

まず親が太っている場合、親の生活習慣の乱れが子供に引き継がれるケースがあります。こうなると太ってしまいますが、これは別に肥満が遺伝したわけではありません。ただ単に親の悪い習慣が子供にも影響を及ぼしただけです。

 

なので、どうしても太りたくなければ、まず生活習慣を整える事です。遺伝を理由に努力しないのは違います。

 

これはガンでも同じことが言えます。

 

ガンも遺伝するという人が居ますが、遺伝するのではなく、ガン患者と家族が生活習慣が似ている事で、ガンの発症率が近くなるからだと言えます。

ガンも多くの場合は生活習慣の乱れが原因です。遺伝を理由にする前に、今の乱れた生活を整える必要があるでしょう。

 

 

まとめ

肥満が遺伝するが、太る原因そのものは生活習慣の乱れが一番の原因です。太っている人と一緒に生活すると、その生活スタイルに影響されて太る事は充分考えられます。

肥満は遺伝する事を理由に諦めるのではなく、生活習慣を改めれば、摂取カロリーが消費カロリーより少なければ、太る事がありません。これは人の体質として言える事です。

遺伝を理由にする前に生活習慣を見直してみましょう。

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る