ダイエット

ビールは本当に太りやすいのだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ビールは太るというのは本当だろうか?

よくビールは太るからと言って避けたりする人が居ますが、実際ビールは太りやすいお酒と言えるのでしょうか?もし太りやすいのならビールの何がそうさせるのでしょうか?

特に夏の暑い時期なると気になる話題です。実際のところ調べてみました。

まず、アルコールのカロリーは1gあたり7キロカロリーです。つまりアルコール度数が高い程、カロリーが高くなるということです。

なので、ビールはお酒の中でもアルコール度数は低い方なので、ビール自体はカロリーも低く、ビールで太るという事は単純には言えないようです。むしろ太りにくいお酒だと言えます。

しかし、お酒は食欲を増進させる働きがあるので、お酒を飲む際は、食べ物の内容や量を気にすることが必要です。

医学博士の米山公啓氏が「間違いだらけの健康常識」という書籍において、お酒と肥満は、必ずしも関係があるとは言えず、「日常的に酒を飲んでいる肥満者」と「お酒をほとんど飲まない肥満者」の数はほぼ同じだと言う報告があるそうです。

アルコールが分解されるとき肝臓が活発になったり、血行が良くなったり、体温が上がるので、アルコールのカロリーは蓄積されにくいという仮説もあると言います。

 

まとめ

ビール自体は太る要素は少ないという事が分かりました。むしろおつまみに注意ですね。

あとダイエットと称して禁酒をストイックにするとストレスになるので、むしろビールであればカロリーを計算して飲酒すればダイエット中でも問題ないようです。

参考書籍

更に詳しくはこちらの書籍で

お医者さんが話せない間違いだらけの健康常識 (コスモ文庫) 」
購入はこちら↓

 

監修者:米山公啓氏とは
1952年生まれの医学博士。聖マリアンナ医科大学部第2内科助教授の経験も。他にも医療関係の書物や作家活動もしています。
にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る