未分類

成長期の高脂肪食は脳の成長を妨げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

成長期に高脂肪食をたくさん食べると、成人後の認知機能が損なわれる可能性があるようだ、というスイス・チューリッヒ大学からの研究報告。
研究者らは、若年マウスと成獣マウスにおいて、非常に高脂肪の食餌または正常な食餌が脳に与える影響を比較したところ、この憂慮すべき結論に至ったという。脂肪が豊富な食事は、飽和脂肪のレベルが非常に高い。飽和脂肪は、ファストフード、豚肉食品、バター、ココナッツオイルなどに、最も一般的に含まれている脂肪である。

By LINK de DIET

 

%e7%b6%9a%e3%81%8d%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%82%8b

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る