動脈硬化

動脈硬化を予防するには?持久力が動脈硬化を抑える効果が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

持久力があると動脈硬化予防に繋がる結果に

 

国立健康・栄養研究所の研究によると、持久力がある人は動脈硬化を予防できることが分かりました。

国立健康・栄養研究所の健康増進研究部の丸藤祐子氏らの研究チームは、東京都と岡山県の26~69歳の健康な男女計470人を対象に、持久力と動脈硬化の発症とのかかわりについて調査しました。

まず、参加者には自転車をこいでもらい、運動中に取り込まれる酸素量を測定して、1分当たりの最大酸素摂取量で持久力を評価しました。動脈硬化に関しては血管を脈が伝わる速度「上腕-足首間脈波伝播速度」で計測しました。参加者は持久力で、(1)低い、(2)中間、(3)高いの3グループに分けました。

そして研究開始時から2年後まで、参加者の健康な血管がどれだけ硬くなったかを調べました。

その結果、一番動脈硬化が進んだのが持久力が低いグループだった。そして持久力が高いグループは2年後もそれほど血管の硬さには変化がありませんでした。中間のグループは、やはり血管の硬さも中間程度の変化だった。

つまり持久力のある運動をしていると血管が硬くなりにくいことが分かりました。

持久力に関しては、他の心血管疾患系のリスクの低下や死亡率の低下にも効果がある事が別の研究で分かっています。

研究チームは今後、筋力や瞬発力、柔軟性といった持久力以外の体力と動脈硬化の関係についても調べて、動脈硬化予防に効果的な運動を追求していくと言う。

 

持久力を付ける運動とは?

ここで言う持久力とは心肺持久力にあたります。つまり、全身を長時間にわたり動かし続けられる力、全身持久力です。全身持久力を高めるための有酸素運動が有効的で、ウォーキングやジョギング、サイクリングが最適です。

息が切れるようなハードな運動ではなく、呼吸が多少深くなるようなハアハアと言った一定の呼吸で行える運動がベストです。

実際、今回の研究で持久力の高い人はウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳などの運動を継続的に行っている人が多かったと言います。

 

まとめ

動脈硬化予防には持久力が付く運動が効果的であることが分かりました。決してハードな運動ではなく有酸素運動で持久力を付けるような、ウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳などの運動が効果的であるという事です。

血管系疾患対策には血管の柔軟性を保つことがポイントです。その具体的な方法が持久力を付ける事です。

長期で行う必要はありますが、ウォーキングやジョギングで血管の柔軟性が保てるのであれば非常に楽な方法ではないでしょうか?日ごろから意識して歩く事を心がけましょう。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る