お酒が弱い人は脂肪肝になりやすい傾向に。お酒を飲まなくても脂肪肝に

お酒が弱い人は脂肪肝になりやすい傾向に。お酒を飲まなくても脂肪肝に
0

お酒が弱いだけで脂肪肝リスクの傾向に

 

熊本大学の研究によるとお酒に弱い人は飲酒の有無に関わらず脂肪肝になりやすい事が分かりました。

脂肪肝と言えばお酒の飲み過ぎでなるというイメージがありますが、確かにアルコールの摂取が原因で、アルコール性脂肪肝になるケースはあります。しかし飲酒をしなくても、脂肪肝になる 「非アルコール性脂肪性肝疾患」(NAFLD)という病気も存在ます。

もともと日本人はお酒を飲んだ際にアルコールを分解した時に発生するアセトアルデヒドという有害物質を分解する「アルデヒド脱水素酵素2」(ALDH2)という酵素が少ないと言われています。日本人ではお酒に弱いつまりALDH2の働きが弱い人は40%、ALDH2の働きが全くない人が10%と言われています。

ALDH2の働きが悪いと心血管疾患のリスク因子となる事がいわれており、これはマウスの実験でもALDH2を活性化させることで動脈硬化が改善されることで確認されています。

研究で分かった事

今回の研究では、ALDH2遺伝子型が非アルコール性脂肪性肝疾患にどのように関係しているか調査するために、日本赤十字社熊本健康管理センターの人間ドックを受診した人のうち、飲酒習慣のある人を除外した341人を対象に調査を行いました。

その結果、ALDH2の低活性遺伝子型の人、つまりALDH2の働きが悪い人は、活性遺伝子型の人に比べて 「非アルコール性脂肪性肝疾患」(NAFLD)の罹患率が約2倍高いことが分かりました。くわえて、肝障害の指標として日常診療に用いられているγ-GTPを調べたところ、25.5IU/LがNAFLDの発症を予測するための分岐値となることも分かりました。

また、ALDH2の低活性遺伝子型で、γ-GTPの高値(25.5IU/L以上)の人は、ALDH2の活性遺伝子型で、γ-GTPが25.5IU/L未満の人と比べて、NAFLDの発症リスクが約4倍高いことも分かりました。

今回の研修者である熊本大学大学院生命科学研究部(薬学系)薬物治療学分野の鬼木健太郎助教は

「γ-GTPが25.5IU/Lというのはそれほど高くない値ですが、ALDH2の低活性遺伝子型の人は、非アルコール性脂肪性肝疾患発症(NAFLD)を発症リスクが高い傾向にあります。お酒に弱い人は定期的に検査を受けγ-GTPの値をチェックし、お酒は適量を守り、食事や運動などの生活の改善によって予防する事をおすすめします。決してお酒に強くなろうとしないように。」と述べています。

 

今後は、非アルコール性脂肪性肝疾患の発症リスクの原因となる遺伝子型や他のリスク因子が分かれば、早期予測が可能となり、発症リスクが高い人を生活改善などで予防する事で、医療費削減にもつながると考えているようです。

 

まとめ

脂肪肝はお酒好きな人だけの病気ではなく、アルコールに弱い体質の人でも、さらに飲酒の有無に関わらず脂肪肝になるリスクが高いことが分かりました。

ポイントはお酒が弱い人がγ-GTPの値が25.5IU/L以上の場合脂肪肝の発症リスクが高まるので、気を付けるべきという事です。

飲酒に関してはお酒に強い弱い関わらず適量にして、運動するなど生活改善する事が重要です。

脂肪肝は動脈硬化などの生活習慣病に繋がるので、日ごろから気を付ける必要があります。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


0

動脈硬化カテゴリの最新記事