未分類

1日たった30分のウォーキングで死亡リスクを50%減に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1日たった10分のウォーキングでも寿命が延びる結果に

 

アメリカのペンシルバニア大学、ジョンズ ホプキンス大学、国立がん研究所、国立老人研究所などの共同研究によると、1日30分のウォーキングで大幅に死亡リスクを低下させることが分かりました。1日10分でも効果があるという事です。

研究では、「米国健康栄養調査」(NHANES)に参加した50~79歳の男女を対象に活動量計を7日間持ち歩いてもらい、1日の運動量を調べました。さらに2003年から2011年の間毎年健康診断を受けてもらいました。

その結果、運動量がある人は心筋梗塞や脳卒中のリスクが減り、死亡リスクが下がることが分かりました。運動量が多い人は、受療状況、喫煙習慣、年齢、性別などの要因があったとしても死亡リスクが低下します。また、全く運動をしない人は中強度の運動する人と比べて死亡リスクが3倍になり、活発に運動する人と比べると5倍になることが分かりました。

また運動量が同じだとしても、結局座っている時間が短い人は長生きする傾向にあると言います。

研究者であるエズラ フィシュマン氏は「1日に30分間でも体を動かすだけで、5年間の死亡リスクが20%減る計算になります。この30分間を中~高強度の運動レベルにすると、さらに死亡リスクは51%減ります。運動は激しい運動である必要はなく、家の周りを歩く程度の運動を毎日するだけでも効果があります。」と述べています。

運動の健康へのメリット

運動は今回のように死亡リスクを低下させるだけでなく、運動によってエネルギーの摂取量と消費量のバランスを保つことでダイエット効果もありますし、高血圧や脂質異常症の予防・改善の効果も、そしてストレス解消にも繋がります。

エズラ フィシュマン氏は「1日の中で座ったまま過ごす時間を30分減らして、ウォーキングなどの運動をすると、死亡リスクは確実に低下します。それが難しい場合1日に10分の運動をするだけでも、8年間で大きな差が出てきます」と運動の大切さを述べています。

まとめ

今回の研究で運動の大切さを具体的にすることができたと思います。しかも1日10分の運動でけでも毎日行えば効果があると言うのは非常にうれしい情報です。

1日10分であれば意識すれば出来る範囲だと思いますので、時間を作って歩くようにしましょう。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る