アンチエイジング

臓器の老化を食い止めるビタミンを発見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

臓器の筋肉老化を防止する

 

スイス連邦工科大学の研究によるとニコチンアミドリボシドというビタミンが幹細胞に対して老化した筋肉の再活性化を促進する効果があることが分かりました。

通常幹細胞は若い時には、体を修復する機能、つまり再生機能が通常に働き傷ついた体を治すのですが、年齢とともに幹細胞の働きが悪くなり、再生する力も衰えてきます。

この幹細胞の働きを良くするには細胞の発電所ともいえるミトコンドリアを活発にすることにあります。

実は今回注目されたニコチンアミドリボシドはミトコンドリアを活発にするために必要な分子であるNAD+の前駆体としての役割を果たします。

今回の実験ではこれを実証するために高齢のマウスにニコチンアミドリボシドを投与し、投与してないマウスと比較。その結果、筋肉の再生が進み、長生きしたと言います。研究者もこの結果は有望であるとしています。

 

また今回の実験では脳や皮膚の幹細胞に対しても同等の効果がある事も分かりました。今回の結果は老化防止だけでなく、筋疾患などの若い人への疾患の治療にも有効であると期待されています。

 

まとめ

今回の結果は老化防止の根本的な対策となる結果と言えるでしょう。また再生医療にも応用ができると研究者は期待をしています。

しかし現段階では難点もあります。それは細胞が活性化するのは良いのですが、同時に悪い細胞も活性化してしまうという事です。

この部分も含めてまだまだ実験は必要なようです。

ニコチンアミドリボシドは以前から代謝を高める事は分かっていました。海外ではすでにサプリメントも販売されているほどです。実は身近なビタミンだったのです。

老化防止に試してみたいサプリメントではあります。

NAD+セルリジェネレイター 30Vcaps 海外直送品

新品価格
¥2,550から
(2016/11/19 19:04時点)

参考文献

NAD+ repletion improves mitochondrial and stem cell function and enhances life span in mice

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る