ダイエット

糖質ゼロの飲み物でも糖質が入っているという事実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

実は糖質ゼロと表示してあってもゼロではない事実

 

今や健康志向により糖質ゼロやカロリーゼロといった飲料水は数多くあり、お酒にまで至っています。

一般的な消費者心理としてゼロなら飲んでも安心、太らないと勘違いしている人は多いのではないでしょうか?

実はこの「ゼロ」という表示にはからくりが有ります。

法的なゼロ表示の定義

  1. 「糖質ゼロ」は100mlあたり糖質が0.5gであれば表示可能
  2. 「カロリーゼロ」「ノンカロリー」は100mlあたり5キロカロリーであれば表示可能

このようにゼロ表示でも含まれているのは事実なので、肥満や健康を考えたら飲み過ぎは良くありません。

 

ではなぜ糖質ゼロなので甘みを感じるのでしょうか?それはアセスルファムKやスクラロースなどの人工甘味料を使っているからです。人工甘味料は砂糖とは違い甘さが異常にある物質なのです。例えばアセスルファムKは砂糖の200倍、スクラロースは砂糖の600倍の甘さがあると言われています。

甘みだけでも相当な違いがありますが、人工甘味料と砂糖の最大の違いは他にあります。それは人工甘味料は体内では吸収されないのです。つまりカロリーにならないのです。

また、近年スクラロースの発がん性が言われていましたが、ある研究で発がんリスクがないという研究結果があります。詳しくはこちら

このように人工甘味料は砂糖にはないメリットがあります。

 

人工甘味料は実はこんな危険が

糖質ゼロは多少の糖質はあるもの、人工甘味料が使われている事が多く、その健康へのリスクは摂取しすぎなければ少ないと感じられます。しかし、この人工甘味料というのは人体の代謝機能を騙している、混乱させていると言えるのです。

それは、通常糖質を摂ると血糖値を下げるために膵臓からインスリンが分泌されます。例えば甘党の人でしょっちゅう甘いものを食べていた場合、舌が甘みを感じただけで、体はインスリン分泌の準備をするようにすい臓が働きます。

しかし、人工甘味料の場合、体内に吸収されないので、血糖値は上がりません。つまり、インスリン分泌の必要性が無いのにすい臓がインスリン分泌の準備をするという無駄な働きをする懸念があるのです。

TARZANなどのライターである井上健二氏はこの代謝を騙すような働きに健念を抱いています。

人工甘味料だから、糖質ゼロだから沢山飲んでも安心という価値観は捨てましょう。人工甘味料も糖質ゼロも沢山飲む事に健康にリスクが無いとは言っていません。あくまでも適量でやめることをおすすめします。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る