風邪

風邪の予防にマスクをする・・・それダメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 風邪の予防にN95以外のマスクは意味が無い

 

そもそもマスクとは菌を人に感染させないためにするものです。または喉の乾燥を防ぐ役割もあります。欧米ではこのような使い方が一般的です。しかし日本では、風邪などの予防の為にマスクをする人が多いようです。

海外の人から見ると、日本人がマスクをして外出する人の多さに驚いているようです。

結論から言うと市販のマスクはウィルスの予防効果はありません。マスクをしたら分かりますが、マスクのサイドや上下にも隙間があるので外の菌を普通に吸い込んでしまいます。

マスクはマスクをしている人が咳やくしゃみをした際の飛沫感染、空気感染を防ぐのが役目なのです。

では、どうすれば予防ができるのか?それはN95というマスクをする事です。

 

3M Vフレックス 防じんマスク 9105J-DS2 レギュラーサイズ 20枚入り 国家検定合格品

新品価格
¥1,573から
(2016/10/31 01:48時点)

このN95というマスクはアメリカの労働安全衛生研究所が定めた基準で作られており、N95とは試験粒子を95%捕集できることを意味しています。このマスクであれば100%ウィルスの侵入を防ぐ事ができるのです。

つまりこのレベルのマスクでなければ理論上風邪予防は出来ません。

しかし、N95でもきちんと鼻まわりの隙間を防がないとウィルスの侵入を防げないと米国疾病対策予防センターでは言っています。

これからの時期、風邪の予防にマスクを考えている人は是非N95のマスクで100%予防しましょう。

 

 

3M社製 N95マスク 9010N95(1箱50枚入)

新品価格
¥3,968から
(2016/10/31 02:04時点)

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る