DHAでは頭は良くならない?!

DHAでは頭は良くならない?!

DHAで頭を良くする効果は実はデータ不足な状態だった

 

DHAと言えば頭の回転を良くするとか、記憶力向上とか、いわゆる脳の働きを良くする効果が一般的に期待されています。そのような効果を期待させるサプリメントや健康食品も多数販売されています。

確かにDHAは脳の神経細胞に多く含まれている事は確かで、このことから脳を活性させる以外に、認知症やうつ症状などの改善に期待されています。実際にDHAの脳に対する効果を研究した論文も数多く存在し研究はなされています。

しかし、現状で脳を活発にすると断言できるような論文は少ない状態です。

例えば、

PMID:22641753の研究ではDHAを含む長鎖不飽和脂肪酸に摂取において認知症の改善が見られたかった。

PMID:21078211の研究では、関連のプラセボ比較試験をメタ解析したところ、EPA、DHA、魚油を4週間摂取しても、うつ症状を改善に影響を与えなかった。

PMID:22970149の研究では、小児362名を対象とした研究でDHAを1日600㎎を16週間与えても、言語能力や作業記憶などに影響を与えなかった。

PMID:21864417の研究では成人140名を対象に、1日DHA 450 mgとEPA 90 mg、または1日DHA 200 mgとEPA 300 mgを含む魚油1gを12週間与えたところ、認知機能への影響はごくわずかでしかなかった。

などまだまだありますが、ネガティブが結果が多いのが現状です。

逆にPMID:20434961の研究のように高齢者485名に1日DHA 900㎎を24週間与えたところ認知機能が改善したという結果もあります。

つまりDHAの脳への効果ははっきりしていないのです。

そもそもDHAは無理して摂らなくても大丈夫?

DHAは先ほども書いたように脳の神経細胞に存在しますが、実は体内で作る事ができる成分なのです。DHAを作る際に必要となるのがEPAなので、つまりEPAやDHAを含む青魚を食べる事は非常に脳には良さそうに感じます。

しかし、DHAは体内で生成できるので、無理して食事から摂る必要はありません。

良く考えると、世の中には魚を食べる習慣が少ない地域も存在します。ではその地域の人たちは頭の働きが悪いのかといえば、そうではありません。

つまり頭を良くするためにDHAを積極的に摂らなくても特に問題は無いと考えられます。

 

まとめ

最後にDHAはまだ研究不足で頭を良くする効果があるかどうかデータ不足な状態です。

しかし、DHAを摂る事自体は特に問題はありません。

気を付けるべきは、DHA自体は脂質なので、DHAを気にしすぎて脂質の摂り過ぎになったり、食事が偏るようなことになれば、栄養バランスを崩し脳の働きがベストにはならないでしょう。

食事もサプリメントも適度に摂るようにしましょう。現段階でDHAは決して沢山摂ったからと頭の回転が良くなる訳ではありません。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事

DHAカテゴリの最新記事