美肌に効く○○は無い!美肌の本当の秘訣とは?

美肌に効く○○は無い!美肌の本当の秘訣とは?

美肌に効く○○は無い!とは?

 

化粧品などの美容関連の商品で美肌効果を謳ったものを多く見かけますが、実際には何かを肌に塗って美肌だけに効くといった事は医学的にはありえません。

肌の乾燥を防ぐ、保湿すると言ったことは可能ではありますが、外的要因で肌を作ると言ったことはありません。

では美しい肌を作るには何が必要かというと、ビタミンミネラルはもちろんですが、きちんとタンパク質を摂る事が必要です。つまり栄養バランスが整った食事をとる事です。極めて当たり前のことではありますが、肌を作るには基本的な栄養素が無いと不可能です。これは体の構造上、医学的にも当たり前の事実です。

もう少し付け加えるなら美肌にはバランスのとれた食事以外に、適度な運動も必要です。運動して汗をかくことで肌の常在菌が活発になり肌を守ってくれます。肌の常在菌とは皮膚の表面に存在しており、不潔にしていると皮膚トラブルに繋がりますが、清潔にして適度に汗をかくなど代謝する事で、カビや菌などの外的な刺激から肌を守ってくれます。

なので運動は美肌には欠かせない要素の1つです。

美肌のための食事とは?

美容やダイエットの為にカロリーを制限する人は多いですが、実はカロリー制限よりも、水分補給と栄養バランスと摂取するタイミングが重要なのです。カロリー制限は栄養不足に陥ってしまう懸念もあります。体内で栄養不足状態になると、当然肌の修復ができなくなり、ダメージを受けてしまいます。ダメージを受けた肌はそれを回復するのに多くの時間を有します。なので肌がダメージを受ける前に栄養不足にならないようにする必要があります。

では1日3食でどのような食事を摂るのが理想なのでしょうか?

朝食:朝はビタミンミネラルを意識して摂取する必要があります。栄養が満たされていれば過食を防ぐこともできます。

昼食:昼はエネルギーを使うので肉や炭水化物を摂りエネルギーに変換されるものを摂りましょう。

夕飯:夜は睡眠時の肌の修復をサポートするために脂っこいものは避け、食物繊維を摂るようにして、温かいものを食べましょう。

 

美肌には清潔感を

これは先ほども少し触れましたが、肌の常在菌を活発にさせる事が美肌には不可欠です。もし不潔にしていて常在菌が繁殖過ぎた場合、ニキビができたり、毛穴を塞いだり、角質が厚くなったり、肌が黒ずむなどの原因になります。

特に化粧をしたりした後は、ある程度時間がたつと、化粧が肌に負担となるのできちんと洗顔して化粧を落とす必要があります。洗いすぎもよくありませんが、化粧はしっかり落としましょう。

肌の質の高い修復力には充分な睡眠が必要

肌や髪を作る成長ホルモンは食後や睡眠中に分泌されるので、睡眠不足は美肌の敵になります。逆に十分な睡眠は肌の修復力の質を高めるので、睡眠不足にならないようにしましょう。

 

まとめ

美肌のためには、当たり前ですがビタミンミネラル、タンパク質とバランスのとれた食事と、十分な睡眠、そして清潔感が必要です。美肌効果のある食品や化粧品など、それだけを利用して美しい肌を作るという事は医学的にありえません。

何度も書きますが、美肌にはバランスのとれた食事と、十分な睡眠、そして清潔感であることが1番です。美と健康は同じことです。

また、気を付けてほしいのはコラーゲンです。コラーゲンは食べても塗っても、それ自体がコラーゲンとしては働きません。食べたコラーゲンは体内では分解されてしまうのでコラーゲンとしては働きません。塗ったコラーゲンも肌からコラーゲンが吸収されるというような事はありません。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事

シワカテゴリの最新記事