ガン(癌)

冬の美容・ダイエットに食べるなら高タンパク&低カロリーなタラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

冬の美容食には「鱈」が理想的食材

鱈の健康効果とは

 

鱈は寒冷の海の多く、日本では北海道や青森などの北日本沿岸で多く漁獲されています。

一般的には鱈はマダラを指しますが、北海道ではスケトウダラの事を言います。

鱈は実は非常に美容にも健康にも非常に良いポイントが多いのでご紹介します。思わず食べたくなる魅力ある食材です。

 

太り気味、生活習慣病の方に

鱈は低カロリーで高タンパクなので肥満や生活習慣病の方のタンパク源として最適です。

脳の健康に

鱈の脂肪にはDHAが多く含まれているので脳の健康やボケの予防防止にも役立ちます。

血中コレステロールの低下

鱈の卵巣であるタラコやマダラの精巣であるシラコは高コレステロールではあるのですが、多く含まれるタウリンが血中コレステロールを低下させます。なので高脂血症の人でも食べられます。

酒のお供に

鱈には利尿作用があるので、酒の共に鱈を食べれば二日酔いにも効きます。ただし水分不足にならないように。

 

鱈の栄養価とは

ここで鱈の栄養価はどの程度なのか確認してみましょう。

出典:カロリーSlism

出典:カロリーSlism

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表を見るとビタミンB12が圧倒的に多く含まれています。ビタミンB12は集中力向上、記憶力アップに役立つので、先ほど書いたように脳の健康には最適です。またビタミンB12はアミノ酸の代謝を促進するので、生活習慣病の原因でもある血中のホモシステイン量の増加を防ぎます。

ビタミンDも多く含まれているのも特徴ですが、ビタミンDは大腸がんのリスク低下効果がある事からも生活習慣病予防には最適の食材と言えます。

ダイエットや生活習慣病が気になる方にはおすすめ食材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る