事実!飲むコラーゲンは体内ではコラーゲンになっていない

事実!飲むコラーゲンは体内ではコラーゲンになっていない

いまだに人気のコラーゲンドリンクの効果とは?

 

コラーゲンドリンクはいまだに様々な種類のものがあって、さぞ美容効果があるかのような宣伝文句で販売されています。

確かにコラーゲンは体内のタンパク質30~40%がコラーゲンであり、肌の真皮の水を除いた70%がコラーゲンであり、肌以外にも目、内臓、血管、骨などにもコラーゲンは存在することから人間にとって大事な成分である事は間違いありません。

しかし、そこでコラーゲンを飲んで補給という発想は間違っています。

なぜコラーゲンを飲んでもダメなのか?

コラーゲンはタンパク質です。タンパク質は摂取しても分解され吸収されるので、摂取したコラーゲンがコラーゲンとして体内で働くことは人体の仕組み上ありえません。

コラーゲンドリンクを販売しているメーカーは、簡単に言うとコラーゲンは美容に大事な成分だら、飲んで摂取しようという流れを販売の為に作っているにすぎないのです。先ほども書きまいたがコラーゲンは大事ですがビタミンミネラルとは違い飲んで摂取する成分ではありません。

コラーゲンドリンクに限らず、コラーゲンが豊富な食品でも同じことです。

詳しく説明するとコラーゲンの成分は特殊アミノ酸であるヒドロキシプロリンが多く含まれています。この特殊アミノ酸というのは一般的な基本アミノ酸20種には含まないものです。

なのでヒドロキシプロリンなどの特殊アミノ酸を含む健康食品などを作ればコラーゲンの効果が得られるとメーカーは勝手に思っているようですが、実はメーカーも有益なデータをもっておらずイメージで作っているのが現状です。それは群馬大学の高橋久仁子教授の取材で判明しています。

そもそもヒドロキシプロリンは、コラーゲンには多く存在しているものの、ヒドロキシプロリンはプロリンがコラーゲンのポリペプチド鎖に組み込まれたあと水酸化され、ヒドロキシプロリンになります。なのでヒドロキシプロリンを直接摂取しても直接コラーゲンで活躍するわけではありません。

またこの水酸化される際に必要なのがビタミンCです。なのでコラーゲンの生成にはビタミンCが必要なのです。むしろ肌のためにはビタミンCを摂り、ビタミンC不足にならないように気を付ける事の方が大事です。

 

もちろんコラーゲンを塗るのも意味がありません

今までの説明したようにコラーゲンは摂取しても分解されるのでコラーゲンとしては働きません。これは化粧品に含まれるコラーゲンも同じです。そもそも肌からコラーゲンが吸収されるという事はありません。塗った感じがスベスベ、しっとりしていていい感じであっても、コラーゲン本来の機能は果たしていません。もしコラーゲンが肌から吸収できるという事でしたら、これは凄い発見になります。

 

まとめ

肌の潤いにはコラーゲンが必要で、そのためにコラーゲンを飲む、食べるというのは完全にイメージの世界で、体のシステムを無視した発想です。これこそ食品や栄養素の過大に信用してしまうフードファディズムと言えます。

イメージではなく、きちんとした理屈で肌の健康を考えるべきではないでしょうか?

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事

コラーゲンカテゴリの最新記事