ダイエット

ラム肉は食べても太らないは、全くのウソ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

なぜラム肉が太らないと言われるのか?

 

よくラム肉は太らない信仰をしている人がいますが、それは大きな間違いです。

まずラム肉とは生後1年未満の子羊の肉の事を言うのですが、このラム肉にはカルニチンがほかの肉よりも多く含まれています。カルニチンはダイエット食品にも多く使われていますが、カルニチンは脂肪がエネルギー源である脂肪酸に変換されたあと、脂肪酸をクエン酸回路に運ぶ働きをしています。つまり脂肪を燃焼させるプロセスには欠かせない成分なのです。

こういった情報からカルニチンを多く含むラム肉は脂肪を燃焼させてくれるから太らないという考えが広まったようです。

確かにラム肉100gに対してカルニチンが約200㎎と1日に摂取した方がいい量(200㎎~500㎎)を簡単に摂取できるのですが、言ってもラム肉も肉なので脂質も摂取してしまいます。

トータル的に考えてダイエット効果があるとは言えません。

カルニチンを有効に摂取するにはサプリメントで摂取した方がよっぽど効果的です。

なので、ラム肉を食べる時もほかの肉を食べる時同様に食べ過ぎには気を付ける必要があります。ラム肉は太らないお肉という事ではありません。

食べる時は適量をおいしく頂きましょう。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る