ダイエット

脂肪燃焼サプリの見極めに知っておくべき知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ダイエットには体の仕組みを理解しよう

 

ダイエット関連のサプリメントはさまざまあり、どれを選べば分からなくなってる人が多いと思います。その見極めにはポイントがあります。

まず、太る原因は人それぞれです。自分に何が足りないのか、体の仕組みを理解したうえで、サプリメントを選ぶ必要があります。

宣伝文句や流行でサプリを飲んでも決して痩せることはありません。

そして勘違いしてはいけないのが体重が落ちる事がダイエットの目的ではない事も理解しておく必要があります。体重は落ちたが体調を壊したり肌が荒れたり、やつれて見た目が悪くなっては意味がありません。無駄な脂肪を美しく落とすのがダイエットの目標です。

 

脂肪燃焼の仕組みとは

体が太る原因は簡単に言えば摂取したエネルギーより消費するエネルギーが少なければ確実に太ります。そこで無駄な脂肪を燃焼させる事が必要になるのですが、運動はまず必須です。その運動の効果をより効果的にするためには栄養素をうまく活用することで、より効果的に脂肪を燃焼させる事ができます。

そこで覚えてほしいのはエネルギー燃焼は簡単に3段階のプロセスがあります。それは次の3つです。

  1. 分解:これは日常の運動の事になります。ストイックなものではなく、日ごろから日常レベルの運動量が必須です。燃焼しやすい体に日ごろからしておくというイメージです。
  2. 運搬:これは加齢とともに落ちてくる機能です。しかし栄養素をうまく活用する事でカバーできます。
  3. 燃焼:これは実際の運動でどれだけ脂肪が燃焼するかです。瞬発的な運動ではなく持久的な運動が脂肪を燃焼させるには効果的です。

 

 

以上のこのプロセスで自分が何がダメなのかを理解して、それに必要な栄養素を摂る事がダイエットへの近道であり、また綺麗に痩せる為に必要な事です。

どんな栄養素が必要か

  1. 分解に有効な成分は「フォルスコリン」です。脂肪は通常、白色脂肪細胞に蓄積しています。脂肪を燃焼させるには運動をして、白色脂肪細胞の脂肪をエネルギー源としての脂肪酸に変換する必要があります。この変換プロセスでβ3受容体の働きがポイントになるのですが日本人はこのβ3受容体が弱く、運動しても脂肪が中々燃焼しづらい人がいます。
    しかし、フォルスコリンはβ3受容体を介さずに脂肪を脂肪酸に変換できる働きがあります。この働きによって少ない運動量でも脂肪が燃焼出来るようになります。
  2. 運搬にはL‐カルニチンが有効です。通常体内で合成できる成分なのですが、サプリメントなどで摂取しても有効です。
  3. 燃焼にはHCA(ハイドロキシクエン酸)が有効です。これはガルシニアというハーブに含まれる成分で、研究では食事から摂取した糖質を脂肪として蓄積しづらくし、また体脂肪の燃焼促進の働きがあることも分かっています。

 

 

このように脂肪燃焼にはプロセスがあり、そのプロセスに有効な成分があります。自分がどの栄養素が足りないのか理解することで効率的にダイエットに向き合う事ができます。

 

まとめ

ダイエットはやみくもに食べないとか、特定のものだけを食べるとか、流行ってるからやってみるとかではなく、体の仕組みを理解して、自分に何が必要かを分かった上で対応することが綺麗に痩せるポイントです。1つの知識としてこの脂肪燃焼プロセスを覚えておくと役立つと思います。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る