ダイエット

酵素ドリンクを頑張って飲んでも意味がない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

酵素ドリンクの酵素は体内では微々たるもの

 

一般的に酵素ドリンクの酵素とは代謝酵素のことを言います。この代謝は体内では消化吸収、糖の代謝、脂肪の代謝、たんぱく質の合成など様々な働きに関わっています。この事から、酵素ドリンクをダイエットや美容のために飲んでいる方は多いと思います。

しかし、酵素はそもそも体内でたんぱく質から作る事ができます。飲んで酵素そのものを摂取すると言うのは、酵素が胃酸に触れた段階で「死活」つまり酵素としての働きを失います。つまり飲んで酵素を摂取しても殆ど意味がありません。

むしろ酵素の事を考えるのであれば、先ほども書いたように、酵素はたんぱく質から作られているので、たんぱく質を摂取した方が効率が良いと言えます。

それに、体内での酵素は何種類あるかご存知でしょうか?3000種類以上と言われています。また、体内で作られる酵素の量は消化酵素を含む消化液だけで1日に7リットル作られています。つまり酵素ドリンクを1日コップ1杯、2杯飲んだところで微々たる物なのです。仮に酵素ドリンクの酵素が全て体内で働いたとしても、ダイエット効果を得るほどの効果はありえません。

酵素ドリンクのダイエット効果はウソ?

酵素ドリンクで痩せたという人もいるかもしれませんが、それは酵素の働きによるものではありません。

考えられるのは、酵素ドリンクを飲んでいる人は、ファスティング(断食)をしている人がいるので、物理的に食べていないので痩せたと考えられます。

また、1食分を酵素ドリンクに変えることで、これもまた物理的に食べる量が減りエネルギー量が減ったことによって痩せたと考えられます。

 

まとめ

酵素ドリンク自体を否定はしません。野菜などから作る場合はビタミンミネラルなど他の栄養素も豊富だと思われるので栄養ドリンクとしては非常にいいと思います。しかし酵素の摂取という部分では期待出来ません。

酵素の働きを良くするのであればたんぱく質を摂るようにしましょう。酵素はたんぱく質から作られるので、これが一番効率がいいです。

 

しかし、胃液の分泌が少ない人は、消化酵素を摂る事はいいと思います。またパイナップルやパパイヤはたんぱく質の消化を助ける働きをする酵素が含まれており、食事の際一緒に食べると、食べたものを消化する働きを助けます。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る