ダイエット

本当に脂肪燃焼させる効果がある成分とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

脂肪を燃焼させる上でのポイントは

 

ダイエットでもっとも重要なのは脂肪を燃焼させる事です。ダイエットでは食べたエネルギー摂取量と、そのあとのエネルギーの消費量のバランスが大事になってきます。つまり食事制限してもエネルギーの消費がそれを摂取量を下回っては意味がありません。

食べたその摂取エネルギーを、そのあとすぐに消費する事がポイントです。そうしないと余分なエネルギーは脂肪として蓄えられてしまいます。

人間の通常の基礎代謝だけのエネルギー消費では到底ダイエット効果は得る事が出来ません。つまり基礎代謝以外のエネルギー消費がダイエットでは重要となります。

エネルギー消費を促す栄養素とは

基礎代謝以外の代謝を上げるには当然運動は必須です。では運動以外に食後のエネルギー消費に役立つ成分は何か?その効果が期待できるのは唐辛子のカプサイシン、胡椒のピペリン、生姜のジンゲロンです。

これらはいわゆる辛味成分です。これは前から言われている事なので知っている方も多いかと思います。しかし、大事なのは摂取の仕方と量です。

この辛味成分は「闘争ホルモン」と言われるほど、摂取すると汗をかいたり、皮膚が赤くなったりと辛味の刺激に対抗しようとしてエネルギーを消費します。

確かにエネルギーは消費するのですが、リスクもあります。それは血圧が上がる事です。これはダイエットで体力が消耗しているときは特に体には負担になります。代償が大きいとも言えます。

 

摂取ポイント

では、辛味成分はダメなのか?ポイントは食品として摂取する事です。食事と一緒に摂る事で、辛味成分は食事で摂取したエネルギーからエネルギーを消費するので、脂肪として蓄えにくくなります。

サプリメントでこの辛味成分を効率的に摂ろうとすると、蓄えられた脂肪を無理やり使おうとするので高血圧に繋がり、ダイエット以上にダメージを食らう事になります。なのでサプリメントでの摂取は避けましょう。

ただ、食事から摂る際にも、過剰に辛味成分を増やす事は危険ですので、注意してください。

 

まとめ

ダイエットは太ってから対応するというより、日頃から気を付ける事が大事です。

普段の食事からのエネルギーが脂肪にならないように、食後のエネルギー消費促進として唐辛子のカプサイシン、胡椒のピペリン、生姜のジンゲロンをうまく食事で摂取しましょう。

 

 

参考資料:

食品成分によるエネルギー消費の戦略的増強 : 無辛味トウガラシを用いた例(<総説特集>おいしさのシグナルと肥満(ダイエット)の科学)

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る