カルシウム

カルシウムサプリで認知症リスクの可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カルシウムサプリが高齢女性の認知症リスク向上に

 

スウェーデンのヨーテボリ大学のSilke Kern氏の研究によると、カルシウムサプリメントを飲んでいる人で、脳卒中をやったことのある女性の認知症リスクが約7倍、脳の血流が妨げられる脳の白質病変が見られる女性では認知症リスクが3倍である事が分かりました。

研究は認知症でない女性700人(70~92歳)を対象に2000年から5年間追跡し行われました。

他にもカルシウムサプリメントを摂取している人は摂取していない人と比較して認知症リスクが2倍であることも分かりました。

また別の研究ではカルシウムサプリメントの摂取によって心筋梗塞や脳卒中のリスクが上がる事も言われています。

ここでポイントなのは、食品からカルシウムを摂取する分には問題ないものの、サプリメントからの摂取に限りリスクがあるという所です。

研究者のSilke Kern氏は食品からのカルシウム摂取は安全で、むしろ脳を守る働きがあるとしています。

今回の研究で、カルシウムサプリと認知症の因果関係は分かっていませんが、研究者の Kern氏は血中カルシウムが高くなることで神経細胞の死滅促進になるのではないかと考えられています。

結果を急ぐべきではないという意見も

今回のSilke Kern氏の研究結果について、アメリカのラッシュ大学医療センターのNeelum Aggarwal氏は、カルシウムの脳への化学的性質にも影響する可能性があると言及はしているが、他の栄養素との関連も研究するべきだとして考えています。

また米国栄養評議会(CRN)のDuffy MacKay氏は、もともとカルシウム摂取に着目した研究ではなく、サプリメント使用者も98人しかいないなど不備を指摘している。

まとめ

カルシウムと認知症の因果関係はまだ解明されていないものの、今後さらなる研究が進めば、カルシウムの摂り方が変わるかもしれません。

ただ現時点で言える事は、高齢者に多い骨粗鬆症などの対策のために多くのカルシウムを摂るような、極端な摂取の仕方やバランスを欠いた摂り方をすることは避け、摂取量を守り、食事からの栄養補給を心がける事が大事だということでしょう。

 

 

 

 

 

 

参考文献

Calcium Supplements Might Raise Older Women’s Dementia Risk

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る