未分類

テレビの長時間視聴は肺塞栓症リスクに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

膨大なデータ解析によるTVの長時間視聴のリスク

 

大阪大学は初めてテレビの視聴時間と肺塞栓症のリスクに関して研究をして、アメリカの心臓病学会の学術誌「Circulation」のオンラインに研究結果を掲載しました。

研究では1988年~1990年に日本の45の地域で40~79歳の8万6,024人を対象にアンケート調査を実施。その後20年間の死亡状況を調べ、2009年末までで59人の肺塞栓症で死亡した方がいました。

これらのデータをメタ解析したところ、テレビ視聴時間が1日2.5時間未満の人に比べて、2.5~4.9時間の人では肺塞栓症による死亡リスクが1.7倍、5時間以上では2.5倍だという事が分かりました。テレビ視聴時間2時間につき40%の肺塞栓症死亡リスクの増加も認められました。これは被験者の生活習慣なども考慮した上での数値になっています。

肺塞栓症のリスクが高まった原因は、いわゆるエコノミー症候群と同じ理屈です。つまり同じ姿勢でいる事で血栓のリスクが高まるという事です。

なので対策としては1時間に1度は立ち上がって軽く運動をして、ふくらはぎはマッサージする事です。

これはテレビに限らずPCやスマホをよく使う人やデスクワークや受験生や机に向かっている時間が長い人など座った状態でいる時間が長い人は気を付けなければなりません。

まとめ

肺塞栓症による死亡率は近年増加傾向にあるようです。これは先ほども書いたようにPCやスマホの利用が増加した事も考えられます。つまり現代人は気を付けならばならないという事です。

エコノミー症候群や肺塞栓症は死に直結するので、まめな運動などをして同じ姿勢でいないように意識して生活する必要があります。

 

 

 

参考文献:

世界初!長時間のテレビ視聴が肺塞栓症死亡リスクの増加と関連することを解明

 

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る