核酸

核酸とは?分かりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

細胞レベルで若返える成分

核酸とは

核酸は動植物すべての細胞に含まれる有機化合物です。核酸とは生存のための遺伝情報をつかさどるDNA(デオキシリボ核酸)とその情報を読み取って、たんぱく質を合成するRNA(リボ核酸)を言います。核酸は細胞の核となる重要な成分です。

つまり、細胞分裂と再生をつかさどる重要な成分です。

核酸の効果・働き

新陳代謝を良くし細胞レベルで老化を防ぐ

核酸は細胞の新陳代謝をスムーズにする成分で、細胞の増殖、たんぱく質の合成、細胞の活性化を促進します。

年齢と共に核酸の合成量は減り、体内で不足しはじめると、新陳代謝が悪くなり、老化が進むことがわかっています。核酸を摂取すると6歳から12歳若く見えるとも言われ、しわや皮膚のたるみがピンと張り始め、シミも段々と目立たなくなり、肌も潤ってきます。 つまり細胞レベルでの若返りに必要なのが核酸です。

出典:食べ物栄養事典

細胞レベルで病気を防ぐ

脂肪の分泌過剰のような代謝異常を、正常な状態しニキビを予防する、正しい細胞分裂を促進する事から白髪、脱毛予防する、呼吸機能を増進させて肺の働きを高め、疲労を防ぐ、コレステロールの増加を防ぎ、動脈硬化の予防する、脳の血流量や酸素消費量を増加させ、脳血管抵抗を減少させる、冠血流量を増加させ、心筋代謝を高める、胃血流量を増加させ、胃腸の働きを活発にする、脳の老化防止、眼精疲労、聴覚障害の改善など様々な効果があり、細胞レベルから病気の予防をしてくれます。

出典:食べ物栄養事典

 

ガン予防に効果ありとも言われている

ガンは、遺伝子が傷つく事から起こりますが、核酸は傷ついた遺伝子を修復し正しい細胞分裂を促すのでガン予防に有効です。

出典:食べ物栄養事典

このような意見もありますが、ナチュラルメディシンデータベースにも、「健康食品」の安全性・有効性情報にも、有効と言える研究は見当たりませんでした。

 

科学的にどんな効果があるのか

「ナチュラルメディシン・データベース」によると科学的根拠のある効果としては下記のものがあります。

【効き目☆】

  • 手術または病気からの早期回復

☆☆☆…効果がある  ☆☆…効果が期待できる   ☆…科学的・理論上効果は示されている

 

 

出典:ナチュラルメディシンデータベース

 

核酸の効果的な摂り方

成人1日の核酸の必要量は2~2.5gと言われています。

通常の食事で1日1gは摂取できていると言われているので、残りを意識して食品か、サプリメントで補うと良いです。

ただし、高尿酸血症や痛風の人は核酸の代謝産物であるプリン体が症状を悪化させる可能性があるので摂り過ぎには注意しましょう。

出典:食べ物栄養事典

核酸を多く含む食品

さけ白子(生) 10600㎎(可食部100g中)

ふぐ白子(生) 5276㎎(可食部100g中)

いりこ(乾) 4317㎎(可食部100g中)

ちりめんじゃご(乾) 2860㎎(可食部100g中)

いわし(乾) 2159㎎(可食部100g中)

魚、豆類、のり、はなぐりなどに多く入っているので、参考にしてください。

出典:食べ物栄養事典

 

人気核酸サプリメント・ドリンクを見てみる

大手ショッピングモールで売れ筋を見てみよう


 

参考文献:
サプリメント事典
サプリメント・機能性食品事典
ナチュラルメディシンデータベース

食べ物栄養事典

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る