ビタミンEとは

ビタミンEとは

老化、生活習慣病を予防する脂溶性ビタミン

ビタミンEとは

ネズミの不妊研究で小麦胚芽油から発見された脂溶性ビタミンの1つです。化学名は「トコフェノール」と言い、「子供を生む力を与える」という意味がある。その後、強力な抗酸化作用があることが分かり。若返りのビタミンとして知られるようになりました。

出典:栄養医学ガイドブック

 

ビタミンE(トコフェロール)は脂溶性ビタミンで天然には4種類あり、植物油、緑葉植物、海藻類、甲殻類、魚類など幅広く存在します。

サプリメントとして使われているビタミンEは一般的にαトコフェロールが主成分です。

出典:サプリメント・機能性食品事典

摂取量の目安

ve

ビタミンEの効果・働き

ビタミンンEは正常な成長を促進し、筋肉、血液、神経細胞の機能を向上させ、不飽和脂肪酸を吸収しストレスに対処し、解毒剤としても機能しています。

他にも、細胞の機能を整え情報伝達を正常化する生体機能調節、脂肪の酸化防止、血行促進、ホルモンの分泌と作用を整える、妊娠の維持や不妊改善にも。

出典:栄養医学ガイドブック

 

ビタミンEは抗酸化作用のある代表的なビタミンで活性酸素を除去します。生体膜には活性酸素が発生しますが、活性酸素が除去されないと次々と不飽和脂肪酸の酸化を繰り返し過酸化脂質が作られ、生体膜に障害が起こります。生体膜にあるビタミンEが活性酸素を除去するので、生体膜を安定化させてくれます。

これにより、動脈硬化、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病、神経疾患などの予防になります。

また抗酸化作用により老化防止にもなります。

出典:サプリメント・機能性食品事典

 

 

 

ビタミンEが不足すると

過酸化脂質ができやすくなるので、しみなどの老化現象、動脈硬化などの生活習慣病のリスクが高くなる。

またホルモン分泌に障害が起こり、生殖機能が弱まり生理障害、不妊、月経前症候群、異常妊娠を起こす。更年期障害の自律神経失調症にも繋がります。

出典:栄養医学ガイドブック

 

 

ビタミンEの過剰摂取

一般的に健常者では過剰症の心配はありません。

多量に摂取した場合、胃部不快感などの消化器症状が現れる事がる。また発疹、かゆみ、むくみ、ほてり、顔や体の潮紅、体力減退、頭痛、視覚のぼやけ、出血などがみられることがあります。

出典:サプリメント・機能性食品事典

 

科学的にどんな効果があるのか

「ナチュラルメディシン・データベース」によると科学的根拠のある効果としては下記のものがあります。

【効き目☆☆☆】

  • ビタミンE欠乏症

【効き目☆】

  • 重いアルツハイマーの記憶障害
  • 膀胱がんの死亡率低下。200IUのビタミンEを10年以上摂取するとその効果があると言われている
  • 慢性関節リウマチ
  • 遅発性ジスキネジー、ジスフラキシアの運動障害

☆☆☆…効果がある   ☆☆…効果が期待できる  ☆…科学的・理論上効果は示されている

 

 

出典:ナチュラルメディシン・データベース

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事

ビタミンEカテゴリの最新記事