高脂肪な肉を食べても死亡リスクなし

高脂肪な肉を食べても死亡リスクなし
0

JAMA Internal Medicineに掲載された論文によると、植物性脂肪を摂取している人は動物性脂肪を摂取している人より死亡リスクが低い事が、改めて確認する事が出来ました。この結果は当然だと思われる人も多いかもしれませんが、30年以上の17万人におよぶ大規模なデータ解析によって判明したので、大いに有効な結果だと言えます。

今回の研究では、タンパク質の種類にもこだわっており、何を食べたらいいのか、悪いのかが分かりました。

結果は死亡リスクを上げる動物性脂肪は牛肉や豚肉を含む加工、未加工の赤身肉でした。また死亡リスクの低いのはパン、パスタ、穀類、ナッツ、豆類でした。

 

しかし、この研究で一番の驚きは、動物性脂肪でリスクのある食品と言われる、赤身肉、卵、乳製品を食べた人でも、「肥満、運動不足、喫煙、大量の飲酒」これらのリスク因子のうち1つでも当てはまる人が死亡リスクが高まるという事です。逆にリスク因子のない健康的な人は動物性脂肪を食べていても死亡リスクが高まらない事が確認されました。

まとめ

最終的には食事云々より、まず肥満、運動不足、喫煙、大量の飲酒を気を付ける事が大事だという事です。食事を気にする前に生活スタイルを改善が一番の健康に繋がるという事でしょう。

この研究はまだメカニズムが解明されていないので、まだまだ研究が必要ですが、非常に有意義な研究であると言えます。

 

 

 

参考文献:High animal protein intake associated with higher, plant protein with lower mortality rate

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


0

食生活カテゴリの最新記事