未分類

健康に懸念!実は添加物だらけの日本の食品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

実は1日に80種類以上の添加物を食べていた

 

1日に食品添加物を80種類以上食べている事を知ってますか?これだけの添加物を摂取していたらそのリスクの懸念も出てきて当然です。というより懸念も持つべきです。

まず食品添加物とはなんでしょうか?厚生労働省によると「食品添加物は、保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるものです。」という事です。

つまり加工食品には何かしら使われているという事です。例えば1つの加工食品に数種類の添加物を使用していたとして、その1つの加工食品だけであれば問題なくても、1日に複数の加工食品や調味料など使えば当然添加物の量も多くなります。そうなると、食品添加物の健康への害は計り知れないものとなります。

食品添加物のリスクを世の中に提唱し反響があった食品の裏側―みんな大好きな食品添加物の著者である阿部氏は、「便利な生活も良いけど、その代償として失っているものが確実にあります」と食品添加物の摂取によるリスクを懸念しています。そしてそれを意識する事の大切さを述べています。

日本は農薬使用量ワースト3

では加工食品ではない生の野菜なら安心かと言えば、そうとも言えません。日本は狭い国土で効率よく農作物を収穫するために農薬、化学肥料を利用することは避けられません。またそれにより食物の栄養価が低下していると言われています。

2010年の調査では日本の農薬使用量は世界でワースト3です。日本は国土が狭い分、耕地も小さいので、耕地面積に対しての農薬使用量は世界1位というデータもあるほど、日本は農薬を沢山使っているのです。

image62

出典:GREENPEACE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人はよく、中国の農薬使用について批判をしていますが、あまり言える立場とは言えないですね。もちろん農薬の品質には違いはあるのかもしれませんが、量だけで言えばかなりのものです。

では有機野菜が良いかと言えば、有機野菜は農薬を使わない分、安定した収穫が出来ず、また色や形も一定ものを提供し続ける事は至難の業です。という事は栄養価もバラつきがあるのではという懸念も生まれます。こういった事で有機野菜はどうしても価格が高騰してしまいます。

現代社会において添加物を摂らないというのは難しいと思います。しかし、こういう事を理解して食に向き合う姿勢は各々持つべきだと思います。ただ単に日本のは安全だと根拠なく信用するのは違うと感じます。

 

参考文献

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物

健康力革命

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る