ダイエット

太る原因、痩せない原因は腸内細菌にあった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メタボの予防・改善には腸内細菌が有効

 

今まで中々ダイエットしても痩せられなかった人はもしかしたら腸内細菌の環境が良くないからかもしれません。

それは、北海道大学大学院農学研究院の研究論文によるとメタボリックシンドロームは腸内細菌の状態によって予防改善ができるという、今までにあまり一般的に注目されていなかった視点の研究があります。

簡単に言うと腸内細菌の環境が良ければ、ダイエットした場合効果が出やすいが、腸内環境が悪いとダイエットしても良い効果は得られないという事です。

ラットを使った研究では、無菌のラットに肥満の人の腸内細菌を与えたらっとと、痩せてる人の腸内細菌を与えたラットで比較した場合、肥満の腸内細菌をもらったラットが案の定太ってしまった。

ちなみに餌は同じものを与えていました。つまり腸内環境の違いで肥満になってしまったのです。

もっと言えば、肥満の人の腸内環境は太る腸内細菌を持っているという事です。

腸内細菌を整える事はアレルギーなどの免疫機能を良くする働きがありますが、そのほかにもメタボリックとの因果関係もある事が分かってきました。しかしまだ研究段階で詳しいメカニズムは分かっていませんが、腸内細菌を整えるためにプロバイオティクスを摂ることは効果的であると考えられています。

本当にダイエットを考えた場合、まず腸内細菌のバランスを良くして、ダイエット食にすることで効果的に痩せる事が出来るという事です。

プロバイオティクスを摂るためには

ハーバード大学のターンバウ博士曰はく、動物性食品から、植物性食品(穀物、レンズ豆、野菜や果物など)に変える事で、その逆でも同様に腸内細菌叢は、たった1日で変化すると報告していました。

つまり食物繊維の多い、バランスのとれた食事が、腸内細菌叢のよいエサになるので、腸内環境が整います。1日で腸内環境が変わるのであれば今からはじめる事をおすすめします。

 

まとめ

研究ではメタボと腸内細菌の関係はまだ研究段階ではあるが、腸内環境が悪いと太りやすく、ダイエットしても効果が得られないという事です。しかし腸内環境はプロバイオティクスをきちんととれば1日で変える事が出来るようなので、是非今からやる価値はあると思います。腸内細菌はメタボだけでなく、免疫にも効果があるのは分かっているので日々の健康のために、食物繊維の豊富な植物性の食品や乳酸菌のあるものを食べましょう。

 

 

 

参考文献:メタボリックシンドロームと腸内細菌叢

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る