未分類

オーダーメイドサプリだから安心安全は間違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

実はオーダーメイドサプリでさえ安心は出来ない

 

最近は健康志向によりオーダーメイドサプリメントを提供する会社やショップが増えてきています。

市販のサプリメントよりも個人に合ったサプリメントが摂取出来て健康に良いというイメージはあります。実際その人個人に足りない栄養素も効率よく摂れ、過剰摂取などの問題も心配ないというメリットはあると思います。

しかし、オーダーメイドサプリメントの実情をみると単純にオーダーメイドサプリメントだから安心だとは言えない部分があります。

オーダーサプリの問題点

オーダーメイドサプリメントで問題だと思われる部分はサプリメントの提供方法です。サプリメントも食品である以上、鮮度は大事です。オーダーメイドサプリメントのショップによっては、それぞれのサプリメントを容器に入れ、顧客に提供するときに、その容器から取り出し分包して提供するという形で運営しているところがあります。こういった場合、まずショップ側で容器に入れてサプリメントを管理していると、いちいち容器を開け閉めしたりすることでの酸化や、湿度による劣化など品質の低下が考えられます。

酸化や湿度による劣化は当然、良いサプリメントであっても栄養素の低下や効き目自体が悪くなる事が考えられます。

また小分けして提供してくれることは非常に分かりやすく良いのですが、普通の透明な袋や密閉性の悪い袋に入れられると光による酸化や湿度による影響も受けやすくなります。またいつ製造されたものかも分かりづらくなるデメリットもあります。

せめてサプリメントは未開封で管理し、小分けする際、アルミ製の袋に入れるなど劣化を防ぐところまで考慮して提供してほしいところです。

オーダーメイドサプリメントの場合これらのサプリメントの管理体制がきちんと行き届いている事が必要だと思います。

価格が高すぎやしないか?

またオーダーメイドサプリメントの懸念として価格があります。これはただ単にサプリメントを買うだけではなく、相談やカスタマイズしてもらうなど付加価値がついているのでどうしても価格が高騰してしまうのは仕方ありません。

ただ高い価格だけの商品を提供してもらっているかは、先ほど記載した品質も含めて疑問はあります。

 

まとめ

このようにオーダーメイドサプリメントだからといって、価格が高いからといって安心するのは間違っています。日本においてはサプリメントは薬ではなく単なる食品扱いなので、その品質は誰も管理しておらず、メーカーやショップ任せです。

オーダーメイドサプリメントに限りませんが、宣伝文句に惑わされず、知識を持ってそのサービスを見極める事は必要だと言えます。

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る