そのサプリ、栄養も無く吸収もされないかも

そのサプリ、栄養も無く吸収もされないかも
0

市販のサプリは飲む価値がない?!

 

今はサプリメントは様々なメーカーから販売されています。CMでよく見かける一流企業から無名なメーカーのサプリメントまで様々です。

しかし、日本においてサプリメントは健康食品です。単なる食品なのです。つまり品質に関して特別な規制がある訳ではありません。つまりメーカーによって商品の品質に差があるのが実態です。

下の動画にあるように、いくつかのメーカーの栄養素の含有量を調べたところ、記載されている量より少なく入っているサプリメントがほとんどだというくらい、品質が悪いものが販売されているのが実態です。

なぜこのような事が起こるのか。それは先にも書いたようにサプリメントは医薬品ではなく食品なので品質において規制がないからです。動画のように記載されている栄養素が極端に少なくても流通してしまうという事です。

また、医薬品の場合、薬が胃や腸でとけるように崩壊率というのがあります。つまり体内に吸収されやすいタイミングで薬が解けて効率よく吸収されるように作れれています。しかし、サプリメントは崩壊率という考えがありません。つまり、栄養素を様々な添加物で固めて錠剤にしただけで、体内での崩壊する事を念頭に作っていない場合があります。

つまり栄養素を使って錠剤なりカプセルにしているだけで体内に吸収するところまで考えて作られていない商品も流通してしまうという事です。

これは日本のサプリメントの実態です。

まとめ

日本のサプリメントはどんなに研究が進んでも、サプリメントを規制する法律が無い以上、本当に品質のいいサプリメントは流通しずらいでしょうし、品質の悪いサプリメントを購入してしまう可能性が十分にあります。

まずはサプリメント先進国のアメリカのように法律で規制してサプリメントという概念をきちんと定義することがまずは大事なのではないでしょうか?

流通しているサプリメントにも良い商品はあるでしょう。しかし現状では個人レベルできちんと品質を見極めるのは困難のようです。

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


0

未分類カテゴリの最新記事