イライラ

イライラの原因がカルシウム不足はウソ?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

イライラとカルシウム不足の関係

 

よくイライラいしている人を見るとカルシウムが不足しているからだと言う人が居ますが、それは本当でしょうか?

なぜこのような事が言われるのか?それはカルシウムが神経の働きに関わっているからだと言われています。しかし、実はカルシウムが不足したからと直ぐにイライラに繋がる訳ではありません。

体内でカルシウムが一番多く存在しているのは骨です。その次は血中で、その次は細胞内です。通常血中や細胞内のカルシウムが不足した場合、細胞外や骨からカルシウムを補おうとします。なので実際そう簡単にはカルシウム不足に陥ることはありません。

ではカルシウム不足でイライラする時はどのような時でしょうか?

それは、通常神経や筋肉はカルシウムが不足すると細胞内のカルシウムを使おうとするのですが、その時、神経や筋肉が異常興奮状態になります。それがイライラする状態になるのではと言われています。

 

まとめ

つまりカルシウム不足によって、間接的にイライラするような状態になる可能性は否定できませんが、イライラしているからカルシウムが不足しているというのは短絡的な発想だと言えそうです。

イライラの原因はカルシウム以外にも色々考えられます。

むしろ、イライラした時にはカルシウムを摂るよりは、トリプトファンを摂った方が、効果的と言えます。

トリプトファンは精神を落ち着かせる働きがあるので、イライラした時には有効です。これは医師でもあり日本生理学会の高田明和氏も推奨しています。

イライラした時はトリプトファンが多く手軽に摂れる牛乳や豆乳をおすすめします。

 

参考文献:誰も知らないサプリメントの真実 (朝日新書)カラー図解 栄養学の基本がわかる事典

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る