アンチエイジング

老化の原因「AGE」を増やさない調理方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

老化の原因とは

 

老化の原因には「酸化」と「糖化」があると言われています。

簡単に言うと酸化は、人間が息を吸ったり、歩いたり、内臓が働いたり、人が活動するには必ず酸素が必要となります。その際活性酸素が発生するのですが、若いうちは活性酸素を除去する機能が働くのですが、加齢に伴い除去作用が鈍くなり老化に繋がります。

もう一つの糖化とは人体の大半はタンパク質で出来ているのですが、そのタンパク質と糖質が結合することでタンパク質が劣化することを言います。糖化によってAGEという物質が生産されます。このAGEが近年酸化よりも老化させると言われています。

 

AGEを増加させない調理法

今回、このAGEを増やさない調理方法をお伝えします。

食品のAGEは高温によって増えると言われています。つまり調理する際、生で食べるのが最善ではあります。

しかし、生で食べるのは食品が限定されてしまいます。

油を使って揚げる、焼く、炒めるはAGEを増やすことになります。なので加熱しなければならない時は茹でる、煮る、蒸すという手段で加熱するのがベストです。

最近は電子レンジで使うシリコンスチーマーが色々なメーカーから出ていますが、これはAGEを増やすことなく槓子処理ができる大変優れた調理器具です。電子レンジは火を使うより温度は高くなく済みますし、シリコンスチーマーは油を使わないので、AGEだけでなくカロリーも抑えられます。またシリコンスチーマーは料理のバリエーションも豊富なので毎日の調理に活用しやすいのでおすすめです。

生野菜を食べる時も、生野菜自体は良いのですが、ドレッシングとしてはオリーブオイルや塩などシンプルなものを。糖質の多そうなドレッシングを使っては意味がなくなってしまいます。

また、タンパク質と糖質を含む食材を炒めるなどすると褐色になる事があります。これをメイラード反応と言います。そこメイラード反応が起きるとAGEが大量に発生します。つまり良い焼き色は老化に繋がるという事になります。

他にも醤油や味噌なども褐色ですが、これもはタンパク質と糖質が糖化したものなのでAGEが多いと言えます。

なので使用する際は、そのことを念頭に使うようにしてください。

まとめ

老化促進する原因であるAGEを増やさないためには生で食べるのが一番です。また加熱処理する場合はシリコンスチーマーを使うことでAGEを抑えることができるのでお勧めです。

色的には褐色の食べ物はAGEが多い可能性が考えられます。

あまり意識しすぎると食事が大変になってしまうので、可能な範囲でAGEを気を付けるようにしてはどうでしょうか。

 

シリコンスチーマーはルクエが一番有名でパイオニアと言えます。これ一つで色々な料理が可能です。

これであれば料理をしない人でも簡単に調理することができます。

ルクエ スチームケース レギュラーサイズ トマト スペイン製 62036

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る