ビタミンEの効果的な摂り方

ビタミンEの効果的な摂り方

1日の摂取量

まずはビタミンEは1日にどの程度必要なのでしょうか。厚生労働省が発表している必要な量は以下の通りです。

ve

効果的に摂るポイント

ビタミンA、Cと一緒に摂ると効果的

ビタミンA、Cと一緒に摂ることが効果的です。ビタミンEは活性酸素を除去した際、酸化してしまいますが、ベータカロテンがあることで、その酸化したビタミンEを元に戻し、また活性酸素除去してくれます。

ビタミンEはこれと一緒に摂ると更に効果的

老化予防(ビタミンC、プロテインと)

動脈硬化予防(ビタミンCと)

溶血性、鉄欠乏性貧血(ヘム鉄と)

ストレスに対する適応能力向上(ビタミンCと)

月経前症候群(亜鉛、ビタミンB6、γリノレン酸と)

 

注意

一般的に、摂取基準を守っていれば、特に問題はありません。

過剰摂取した場合、下痢、頭痛、発疹、疲労などの症状が出る場合があります。また、高血圧の人が200mg以上摂ると血圧が上がる場合があります。また血が固まりにくくなる事もあります。

心臓病、糖尿病患者、心臓発作や脳梗塞をやったことがある人は1日400mg以上摂取してはいけない。

 

 

 

参考文献:栄養医学ガイドブック、最新サプリメントかんたん事典、日本人の食事摂取基準

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事

ビタミンEカテゴリの最新記事