本や雑誌などの紙メディアの真の情報を伝える健康・栄養の総合情報サイト。紙媒体とユーザーを繋ぎます。

免疫力 風邪

免疫力アップに腸内を整えるのが必須

病気にならないためには腸内を整えよう

 

実は免疫細胞は腸内におよそ70%存在すると言われています。つまり腸内環境を整える事が出来れば、必然的に免疫力もアップするという事です。

腸の大半を占める小腸は、栄養の吸収や、病原菌を撃退するなどの働きがあります。特に小腸は大腸よりも発がん性物質の分解酵素が強力に働いています。その証拠に小腸ガンというのを聞かないのは、免疫力が強いという事です。

腸内はこのように免疫細胞が活発で、病気になりにくい体を作るには腸内環境というのは必須です。

 

腸内環境を整えるには?

腸内の善玉菌を増やすことが大事です。それには生きたまま微生物を取り入れる「プロバイオティクス」が必要です。つまり乳酸菌やビフィズス菌を生きたまま摂るという事です。

しかし、実際はヨーグルトなどの発酵食品でも生きたまま腸に乳酸菌が届くのは難しく、ほとんど死滅するそうです。たとえ死滅しても乳酸菌による効果は多少は見込めるそうです。

その点で日本は研究が進んでいるようで、生きたまま乳酸菌を届ける事ができるラクトバチスル・カゼイ・シロタ株です。これを取り入れた商品はすでに商品化されているので、試してみる価値は十分にあるでしょう。

現在では様々な乳酸菌に関する研究がすすんでいるので、自分の体質に合ったものを選んで取り入れるとさらに効果的でしょう。

また乳酸菌によって多少ですが働きや効果も違うので、その点も理解して摂ると効率よく病気になりにくい体を作るのに役立つでしょう。

では実際はその違いを簡単に紹介します。

  • LNG21乳酸菌・・・ピロリ菌減少に効果的
  • ラクトバチスル・カゼイ・シロタ株・・・便秘、下痢解消。免疫力アップで発がん性物質生成の抑制
  • ビフィズス菌BB536・・・整腸作用、アレルギーに効果的
  • LGG乳酸菌・・・整腸作用、アトピー性皮膚炎の予防
  • R-1乳酸菌・・・風邪やインフルエンザ予防

 

このように乳酸菌によって多少の差があります。

腸内を整えることは、肌を若くするアンチエイジングにも効果があるので、健康、美容面でも乳酸菌を上手に毎日摂ることが大事です。

ヨーグルトだけでなく味噌や漬物などの発酵食品には乳酸菌が含まれているので、発酵食品を意識した食生活は非常にいいと言えます。

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
 栄養学やサプリメント等の文献を網羅し、専門家による発表、国内外のニュースなどの情報を精査し、健康・美容に役立つ情報を発信しております。 日常生活で活用できるような情報をお届けし、国民の健康維持・向上を目指しております。