脳を若く保つには階段を使おう

脳を若く保つには階段を使おう

カナダのコンコルディア大学のJason Steffener氏の研究によると、脳を若く保つには読書や勉強をしたりするのと同等に運動も重要である事が分かりました。

実験では19~79歳の健常者331人に対してデータを検証しました。するとよく階段を利用する人または、高学歴な人はそうでない人より、脳が若いことが判明。具体的には教育期間が1年長いと脳年齢が1歳近く若かく、1日に登る階段が1階分多いと、脳年齢が半年以上若い事が分かりました。

Steffener氏は、「生理学的な脳年齢と実年齢の差に対して、教育と身体活動が影響することがわかった。階段を使うという簡単な手法により、脳を若く保つために積極的に介入できることが示唆された」

しかし、現段階では運動と脳年齢との因果関係は分かっていません。

けれど、階段という日常でも簡単に取り入れられる運動で良いのはとても魅力的である。またSteffener氏も高齢者にもお勧めしているので、是非高齢者の方にも積極的に取り入れてみると良いかもしれません。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事

脳の活性カテゴリの最新記事