免疫力

病気にならない体を作るLPSとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

免疫力を上げるLPSとは

 

病気にならないためには、何といっても免疫力が必要となってきます。この免疫力とは体にとって異物となる病原菌などを排除する働きがあるマクロファージという細胞が働くことで体を病気から守っています。しかし、現代人に多いストレスや不規則な生活などによってこのマクロファージの働きが悪くなり、体調を壊しやすくなります。

つまり病気にならない体を作るにはこのマクロファージを活発にさせる必要があります。

そこで近年注目されているのが、マクロファージをパワーアップさせると言われるLPS(リポポリサッカライド)です。

これは土や植物に存在する微生物の1つで、人間の体内には存在しない物質です。LPSを取り入れるには食べ物から取るか、空気中にも存在することから、土や自然の中であれば皮膚からも吸収されるという事です。

LPSの効果とは

①肌荒れの改善

肌のサイクルを早めるのでキメ細かい肌になる効果があります。実際、動物実験においてアトピーの犬にLPSを1ヶ月摂取させたところアトピーが改善したと言います。

 

②アルツハイマー病の予防

厚生労働省調べによると65歳以上の15%がアルツハイマー病だと言われるほど深刻で身近な病気ですが、これは脳の萎縮によって起こる病気です。この萎縮にはアミロイドβという物質が関わっており、LPSはこのアミロイドβを排除する働きがあります。

またこの脳の免疫力は睡眠時にもっとも活発に働くと言われています。それは起きている時の10倍ともいわれています。つまり脳の免疫力向上には十分な睡眠も必要な要素となります。

 

③がん予防

LPSの十分な摂取によってがん細胞を抑制する効果が見込めます。

 

ではどう摂取すればいいのか

根菜に豊富

LPSは土などの微生物に含まれていることから根菜には多く含まれています。その中でもレンコンの皮や節には多く含まれています。

海藻類に豊富

海藻は自然の恵みそのものの状態なので豊富にLPSが含まれており、特にメカブは豊富だと言われています。

もっともLPSが豊富なのは玄米

玄米のヌカにはもっともLPSが豊富だと言われています。免疫力の事を考えた場合、玄米は精米せず食べる事がおすすめです。

ヨーグルトでさらにLPSが効果的に

LPSが含まれた食材とともに、ヨーグルトも食べると相乗効果でLPSの効果がさらに高まると言われています。これはヨーグルトの乳酸菌によって起こる効果です。

 

LPSは日頃の免疫力アップのためだけでなく、風邪などを引いて体調を壊してしまった時にもLPSを摂ることは効果的です。特に風邪の時抗生物質をもらう事がありますが、この薬は風邪の菌だけでなく体内のLPSをも殺してしまうので、免疫力が下がってしまいます。抗生物質を飲んだときはLPSも摂取することを心がけた方が良いようです。

 

 

 

 

参考文献:

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る