朝食を食べないと脳出血の可能性高まる

朝食を食べないと脳出血の可能性高まる
0

朝食を食べないと血圧が上がる事が判明

世界で初めて朝食と脳出血の関係を確認

大阪大学磯博康教授と国立がん研究センターなどのチームは朝食を週2回以下の人は毎日朝食を食べる人と比較して脳出血の危険性が36%高まるという論文をアメリカの医学誌に発表しました。

研究は全国8県に住む45~74歳の男女82772人を1985~2010年までの間で調査を実施。すると朝食を週に0~2回と答えていた人は、毎日取る人に比べ脳出血になる確率が36%高いことがわかりました。そして実際に脳出血になった人は1051人いました。脳梗塞だけでは差はなかったものの、脳梗塞を含めた脳卒中全体ではリスクが18%高かった。

この結果にについて磯教授は「朝食を食べないと、朝の血圧が上がるためと考えられる。また脳梗塞に差がなかったのは、脳出血に比べ、高血圧の影響が小さいためではないか」と述べていました。

つまり朝食をとらないと血圧が上がるという事です。朝食抜きによる脳出血のリスクが確認されたのは世界ではじめての発見です。

改めて朝食の必要性が実証された注目すべき論文です。

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


0

脳梗塞カテゴリの最新記事