アンチエイジング

薄毛は頭皮のコラーゲン不足が原因であることが判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薄毛の原因はコラーゲンだった

東京医科歯科大学の西村栄美教授らが大発見

東京医科歯科大学の西村栄美教授らの研究によると、加齢による薄毛は17型コラーゲンの減少により、髪を生やす働きがある毛包が機能しなくなり、毛が抜けやすくなるという事です。この研究はアメリカのサイエンス誌に5日掲載されるそうです。

研究では毛包の基である幹細胞が加齢とともに毛包になりにくくなる事に注目をし、まずマウスでこの事を確認。そのあと人間でも同じ現象が確認できたと言います。

薄毛になるメカニズムは老化によって幹細胞のDNAに傷が残り、それによって17型コラーゲンを分解してしまう酵素が多く出るようになり、毛包が小さくなり薄毛になるという。

人間でも高齢者の毛包は2,30代の毛包と比べて小さく17型コラーゲンの減少が見られました。これは男女関係なく加齢とともに17型コラーゲンが減るそうです。

ただ、17型コラーゲンは食品には含まれず、また科学的に合成も難しいため、食品やサプリメントでの摂取は出来ないため、今後5年から10年以内には17型コラーゲンの生成を促す薬の開発を目指すそうです。

この研究は薄毛対策だけでなく、ガンの抗がん剤治療による薄毛にも役立つのではないかと考えています。

 

 

参考文献:毛包幹細胞が色素幹細胞を維持する仕組みを解明

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る