ダイエット

人体は多く運動すれば痩せるわけではなかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

運動すれば痩せるという事はない?!

過度な運動はダイエット効果は低いかも

アメリカのニューヨーク市立大学の研究によると、人間の体は運動量を増やしたからっと言って、エネルギー消費量が増えるというわけでな無いと言います。

研究では300人以上の男女を対象に1週間、エネルギー消費と身体活動量を測定を行いました。

その結果、身体活動レベルが中程度の人は、最も低いレベルの人に比べエネルギー消費量が200kcalほど多かったが、中程度以上の身体活動レベルの人は、中程度の人とエネルギー消費量は変わらなかったと言います。

つまり、例えばダイエットのために沢山運動してエネルギー消費しようとする考え方は当てはまらないという事が言えます。ある程度の運動はエネルギー消費量を増やすことがあるが、それ以上行っても、人間の体は調整を行うのではないという見解です。

ダイエットには食事制限も大事ですが、運動は適度なレベルが一番効果的だと言えます。今回、中程度の運動というのがベストと分かりましたが、運動量には個人差はあるでしょう。しかしハードにやっても体に負担をかけ、時間の無駄になるかもしれません。

研究者のポンツァ氏はこの研究をすすめ、免疫機能や生殖器系への関連も研究していくそうです。

 

 

 

参考文献:Constrained Total Energy Expenditure and Metabolic Adaptation to Physical Activity in Adult Humans

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る