食生活

低カロリー飲料飲む人は食事も健康食

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

食事バランスが良い人は飲み物も低カロリー傾向に

食事と飲み物のバランスを調査

イギリスのサリー大学の研究によると、低カロリー飲料を飲んでいる人は食事バランスも良い傾向にあることが分かりました。

一般的に低カロリー飲料を飲むと、飲み物は低カロリーだからと食事は高カロリーなものを摂ってしまいがちだと思われがちな所もありましたが、そうではない傾向があることが判明しました。

研究では、イギリスで行われた食事の質のデータを使い、1590人を対象に飲み物の傾向と食事の質の関係性について調査しました。

飲み物は4つにグループ分けして解析を行いました。

  • ソフトドリンクを飲まない
  • 低カロリー飲料を飲む
  • 糖類を加えた飲料を飲む
  • 低カロリー飲料と糖類を加えた飲料の両方を飲む

その結果、低カロリー飲料を飲む人とソフトドリンクを飲まない人は、そうではない人とくらべて食事の質が高いことが分かりました。また同じ人が糖類のある飲料を飲むと、エネルギー摂取量が増加に関連する傾向がありました。低カロリー飲料と紅茶、コーヒー、または水はエネルギー摂取量の変化に関係はなく、高カロリー飲料に変えてもエネルギー摂取量には変化はありませんでした。

つまり、この結果から言えることは、低カロリーな飲み物を飲む人はもともと食事も気を付けている人が多いのではというが考えられます。決して低カロリー飲料を飲めば食事バランスが良くなるという事ではありません。

低カロリー飲料を飲んだから食事はちょっと高カロリーでも良いかと思ってしまうと結局は健康を害してしまいます。

飲み物も食事も全体のバランスを意識することが大切だという事です。

 

 

参考文献:Low Calorie Beverage Consumption Is Associated with Energy and Nutrient Intakes and Diet Quality in British Adults.

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る