実は充分な栄養が摂れていない現代人

実は充分な栄養が摂れていない現代人
0

食事から充分栄養が摂れていなかった大人が多い

 

アメリカ、イギリス、ドイツの共同研究によると、食事から充分栄養が摂れていると思い込んでいる成人が多いという事です。

世界栄養健康同盟(GNHA)に委嘱されて行われたこの調査は、アメリカ、イギリス、ドイツから各3,000名の成人を対象者とし実施されました。その中で「健康的」「最適」な食事を食べていると回答した人は72%で、主要な栄養素の必要量を食事から摂取できていると思ってる人が52%もいました。

しかし実際は心血管疾患はアメリカ、イギリス、ドイツの死亡原因の大きな一因となっています。そして、この心血管疾患予防にはオメガ3脂肪酸が有効ですが、結果からこのオメガ3脂肪酸が充分に摂取されていないのも現実です。つまり少なくともアメリカ、イギリス、ドイツでは自分たちの健康的な食事を過大評価していると言えます。

 

その他の調査結果は国ごとに以下の様でした。

  • 「健康」「最適」な食事を行っていると信じている者;米国:73%、英国:72%、独国:70%
  • オメガ3が健康のために重要であると感じている者;米国81%、英国:72%、独国:80%
  • 食事から十分な栄養を摂取しているか分からない者;米国:65%、英国:23%、独国:34%
  • 日常的にオメガ3の補助食品を摂取している者;米国:45%、英国:29%、独国:24%
  • 十分なビタミンDを摂取している者:米国:48%、英国:44%、独国:42%
  • ビタミンDの栄養補助食品を摂取している者;米国:62%、英国:32%、独国:31%

 

GNHAのメンバーであるスーザン・ステインバウム氏はこの結果についてこう述べています。

多くの消費者は適切な栄養を摂ることが大切であることを分かっている。栄養の豊富な食事が健康的な生活の基盤となっている。

オメガ3脂肪酸は、心血管疾患の予防だけでなく、認知機能に対する有効性も証明されている。しかし、あまりにも多くの人が、その効用を得られる程の必要量を摂取できていない。これは私が全ての患者にオメガ3脂肪酸の栄養補助食品を勧める理由でもある。

GNHA創設メンバーの栄養士であるナイジェル・デンビ氏はこう述べています。

適切な食事を説くことだけでは、十分ではない。健康的な食事だけでは、実際、オメガ3脂肪酸やビタミンDのような栄養素の推奨量を摂取することがとても困難である。我々はこのアプローチの方法を今一度考え直すべきだ。

さらに実際に何を食べているのかを確かめる追加調査が求められている。これらの形の研究は、健康な食事の一部として、ビタミンやミネラルの栄養補助食品の役割についての議論に役立つだろう。

 

まとめ

この研究で分かることは、健康のためには食事は大切であると分かっていても、実際に十分な栄養素を摂取するのは難しいようです。

今回の研究では心血管疾患の要因となるオメガ3脂肪酸などの摂取量に注目したが、他にも足りていない栄養素が多くありそうです。食事と栄養補助食品の扱い、そして正しい知識と認識が、やはり健康には必要と言えそうです。

 

参考文献

Perceptions of a Healthy Diet: Insights From a 3-Country Survey.

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


0

食生活カテゴリの最新記事