ダイエット

大きい皿での食事は量を食べてしまう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大きい食器は食べ過ぎを起こしていた

 

ケンブリッジ大学の報告によると、食器が大きくなるほど、料理や非アルコール飲料の摂取量が増える傾向に有るといいます。

大きめの食器をやめるとイギリスでは最大16%、アメリカでは最大29%エネルギー摂取量が減ったという事です。

今回の研究では6711名を対象にポーションサイズ、パッケージサイズ、食器サイズによる影響を調査しました。

その結果、日頃から大きめのサイズで食事を摂る人は、そうでない人と比較して食品と飲料の摂取量が多いことが分かりました。男女、BMI、空腹度、食行動を調節しようとする傾向による影響は特に関係ないようです。

この研究において共同著者のガレス・ホランズ博士はこう述べています。

「人々が過食する主要な理由は性格や自己抑制の欠如が大きな理由であるからだ。なので状況はいささか複雑である。我々の知見は、食品摂取における環境因子の重要性に光を当てるものである。食器のサイズを小さくすることで、よそり過ぎを防ぐ助けになる。これは多くの人々にとって過食のリスクを低下させる良い方法であろう。」

まとめ

今回の結果は、何となく以前から分かっていた事かもしれないですが、研究によってデータとして判明しました。これによって普段の食事おお皿を小さくするということが、食べ過ぎの抑制になることは期待出来ると思います。

普段から食べ過ぎが気になる方は、食器を小さめにすることを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

Portion, package or tableware size for changing selection and consumption of food, alcohol and tobacco

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る