動脈硬化

カカオフラバノールが血管の機能向上に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フラバノールが血管の機能を向上させる

 

ドイツのデュッセルドルフ大学病院の2つの研究報告によると、カカオに含まれるフラバノールが血圧を下げ、血管の機能を向上させるという事です。

1つ目の研究では、35歳未満の22名と50~80歳の20名の健常者を対象に、フラバノールを含む飲料と含まない飲料を1日2回2週間飲んでもらい、心血管系の加齢の指標となる動脈の硬さ、血圧、血流依存性血管拡張反応を測定しました。

その結果、フラバノールを摂取した。どちらの対象者にも血管拡張反応がありました。35歳未満では33%、50歳以上では32%の改善が認められ、更に50歳以上の人には、収縮期血圧が4mmHg有意に減少したということです。

2つ目の研究では、35~60歳の健常者100名を対象に、今度はランダムに、フラバノール含む方と含まない方で分け、1日2回4週間にわたって摂取してもらいました。そしてコレステロール値、動脈の硬さ、血圧、血流依存性血管拡張反応を測定しました。

その結果、血流依存性血管拡張反応はフラバノールを摂取したグループは、摂取してないブループと比べて21%の改善がみられたといいます。そして、収縮期血圧は4.4mmHg、拡張期血圧は3.9mmHgの低下がみられ、総コレステロールは0.2mmol/L、LDL-コレステロールは0.17mmol/L各々低下、HDL-コレステロールは0.1mmol/L上昇しました。

主任研究者のマルテ・ケルム教授はこの研究をこう語っています。

「我々の結果は、フラバノールの摂取が、今後10年間、心血管系疾患のリスクを22%低下させ、心臓マヒに至っては31%低下させることを示唆している」

まとめ

この研究でカカオに含まれるフラバノールが血管の健康を向上させるということが分かりました。

カカオであれば日常でも摂りやすい食べ物なので是非、血管の健康を気にしている人にはオススメかもしれないです。しかし、カカオは糖分が含まれる食品に含まれていることが多いことが考えられるので、その点は注意が必要だと思います。

 

 

Impact of cocoa flavanol intake on age-dependent vascular stiffness in healthy men: a randomized, controlled, double-masked trial

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る