風邪

7時間以上の睡眠は風邪にかかりにくくなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

風邪を引きたくなければ、7時間以上の睡眠を

 

米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校の精神科の准教授が、カーネギー・メロン大学のシェルダン・コーエン教授と行った研究によると、睡眠時間7時間取ると風邪にかかりにくくなるという事です。

研究は、成人164人を対象に、2カ月間人間ドック、インタビュー、アンケートを行いデータを集めました。また点鼻薬であえて風邪のウィルスを投与し1週間、ウィルスの定着具合を見ました。

その結果、1日の睡眠時間が6時間未満の人は、7時間以上の人に比べて、4.2倍風邪にかかりやすく、5時間未満の人は4.5倍もかかりやすい事が分かりました。睡眠は全ての調査の中で一番影響の大きい要素であるという研究結果でした。

まとめ

今回の研究では睡眠7時間とれば、6時間未満の人より風邪のかかりやすさが4分の1に抑えられる事が分かりました。風邪には、やはり睡眠が重要であったようです。

 

 

 

参考文献

NEW RESEARCH CONFIRMS LACK OF SLEEP CONNECTED TO GETTING SICK

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る