本や雑誌などの紙メディアの真の情報を伝える健康・栄養の総合情報サイト。紙媒体とユーザーを繋ぎます。

ビタミンE 脳の活性

ビタミンE不足が脳にダメージを与える

ビタミンEの不足が脳の損傷を高めるかもしれない

 

米国のオレゴン州立大学の研究グループが、ジャーナル・オブ・リピッド・リサーチのオンライン版で、ビタミンEが欠乏すると、脳にダメージを与える可能性があるという報告をしました。

今回の研究ではゼブラフィッシュという魚にビタミンEが有るのと無いのとで脳の脂質にどう影響するかを検証しました。

その結果、ビタミンEが不足すると、脳の神経細胞の細胞膜にあるDHA-PCが30%も低下していました。ちなみにDHA-PCは細胞膜を構成するホスファチジルコリンとDHAが結合したものです。

またリゾホスファチジルコリンも60%低下していたことが分かりました。このリゾホスファチジルコリンはDHAを脳に運ぶために必要な栄養素です。リゾホスファチジルコリンの低下は、ビタミンE不足により脳のダメージを修復しようと脂質過酸化反応のメカニズムが働き、減ったのではと考えられています。

この研究で言えること

ビタミンEは脳の活動で重要な栄養素であり、不足することで脳の働きで色々な所に支障が出るようです。

ビタミンEを手頃に摂るにはアーモンドなどのナッツ類、アボガドやオリーブオイルが有効です。脳をサポートする為にもDHAなどだけでなく、ビタミンEもお忘れなく。

 

 

 

参考文献

Novel function of vitamin E in regulation of zebrafish (Danio rerio) brain lysophospholipids discovered using lipidomics.

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


 栄養学やサプリメント等の文献を網羅し、専門家による発表、国内外のニュースなどの情報を精査し、健康・美容に役立つ情報を発信しております。 日常生活で活用できるような情報をお届けし、国民の健康維持・向上を目指しております。